2017.05.22 分かりやすさ
社内では、いろんな講習をパソコンで受けられるようになっております。
いわゆるe-ラーニングてやつです。
これだと、各自好きな時に学習できるわけです。

このe-ラーニング、誰がどの講習を受けたか、受けていないのか、一目で分かる管理者サイトがあるのですが。

なぜかワタクシ、この管理者IDとパスワードを知っているんですよウヘヘ。

誰がサボっているのか一目瞭然!
まぁこれも業務の一環なんですけどね。

さて、こないだ、とある部署から
「うちの部内で誰がサボっているか」
を調べて、教えて欲しいとの要請が。

受けた人の方が少なかったので、受講した人をメールでお知らせ。

そうしたら、
「未受講者を知りたいんですけど…」
と返信が来た。



お知らせした受講者以外は、みんな未受講者なんですけど。
分かりにくかったようでごめんね。

ということをメール返信したら。
「ありがとうございます!助かりました~」
と返事が来た。

未受講者を聞かれたら、ストレートに未受講者の名前だけを伝えれば良かったか。

しかし受講者は10名ちょっと、未受講者は30名近くいたもんだからさ…。

まぁ現場は忙しいし、聞かれるということは知りたいことをダイレクトに知りたいわけだし、そもそもうちは現場のサービス部署だしな。

サービス向上。
分かりやすいやり取り心がけますわ~。

今日のみみこ:悪魔の子(笑)。

あくびの途中のショットでございました。
スポンサーサイト
Secret