2017.04.27 言葉の効果
うちの会社、半年に一度、部内で5分程度のプレゼンをやらなきゃならんのです。

4月と10月。
自分の仕事で前期やったこと、今期やることや目標を、パワーポイントを作成し、部内約30名の前で発表するという…。

人前でキンチョーしぃのワタクシにとっては地獄ですよ…。

しかも、今回は社長が見にくるという。
ヒマなのか!来なくてよいわ!

発表の日、「あ~いやだ~」と言ってる割には素晴らしいプレゼンをする同僚たち…。
毎回打ちのめされる。
それに比べて私の発表の幼稚さったら。
おまけに自分でナニ言ってるかわかんなくなるし。

部長やマネジャーの発表の時は居眠りしていた社長が、私の発表の時はしっかり起きてるし!
寝てろや!

発表会が終わって、
「あ~、一年で一番イヤな行事が終わった!」
と、隣の同僚。
そして、
「きちゅーさんはいいわよね、プレゼンが上手だし。」
と、一言。

えっ。

自分が全く思ってなかったこと。
お世辞だとは思うが、素直に嬉しい…。

最近、
「自分が言われた嫌な言葉を3年も30年も覚えているより、嬉しかった言葉を30年以上忘れずに覚えておけ」
という名言を読んだ。
(誰が言ったか知らんけど。)

確かに嫌な言葉っていつまでも覚えているよね…。
私も、前の旦那や相方の暴言とかたまに思い出してイラっとすることがあるし(笑)。

でも案外、嬉しかった言葉って思い出したりすることは少ないな~。

今回の褒め言葉、いつまでも覚えているようにしようっと。

今日の小太郎:床にペタッとな。

スポンサーサイト
Secret