2017.01.27 骨格診断
インスタグラムをやってます。
たまに画像を投稿します。

こないだ、表参道のオシャレな写真(伊藤病院の帰りに撮った)を載せたところ、まぁまぁの反響あり。

表参道の写真を載せると、表参道の美容師さんからの「いいね!」をもらうことが多い。
画像の投稿者が表参道にいる→表参道の美容師が「いいね!」→投稿者「あれ?誰だろう?」→表参道の美容師プロフィールを読む→美容室のPRになる
という流れを期待してのことだろうと思う。
(表参道は美容室の激戦区だしね。)

そんな美容師さん達のいいね!に混じって、表参道のウエディングドレス専門店で働いている人からのいいね!が。

その人のプロフィールを見てみると、
「ウエディングドレス骨格診断アナリスト」
とあった。
ナニソレ?初めて聞いたよ。

ググってみると、ファッション業界では骨格診断というのが結構メジャーにあるらしい。
その人の骨格から、似合う服をセレクトするとか。

大昔、最初の結婚でウエディングドレスを2回着た。
一回目は、海外で二人きりの挙式をした時。
二回目は、披露宴をしたとき。
どちらもレンタルだったが、選ぶのにかなり苦労した覚えが。
私は「鎖骨と背中がキレイ」と言われたのだが、肝心のおムネが全くなく、そこんところの長所と短所を両立してくれるドレスがなかなか見つからなかったのだ。

当時、骨格診断があれば、似合う形のドレスがあったのかもな~。
今となってはどーでもいいけど。

しかし最初の結婚の披露宴、やるつもりはなかったのに相手の両親に泣きつかれて開いたのだった。
の割に、お金を援助してくれたわけでもなく。
しかも、相手方の招待客だった町内会のオッサンが酔っ払って絡んでくるし。
無駄無駄無駄だった!!

あー思い出してハラ立ってきた(笑)。

今日の小太郎:なんか最近オッサンぽくなってきた。

こやつ、この世に生まれてからまだ一年も経っていないんだった…。
スポンサーサイト
Secret