2016.10.08 治療は終了
バセドウ病のアイソトープ治療は、連続二日間通院して、検査&カプセルを飲むだけという、簡単なものです。

一日目。
金曜日は有休取って、病院に行き、血液検査して、簡単な診察。
それからすぐに地下にある、アイソトープ室へ。
頑丈な扉の奥で、小さい透明プラスチックカップに入った、風邪薬みたいなカプセルを、紙コップの水と一緒に飲んで、この日は終了。
ちなみに、看護士さんが紙コップに入れたお水の銘柄は、キリンのやわらか天然水(笑)。
待ち時間もほとんどなく、会計入れて45分くらいで済んだ。
お会計3,790円。

二日目。
朝、直接アイソトープ室へ行き、機器の前にただ座るだけの検査を2分、寝転がっての検査10分が終わった後、診察へ。
前日飲んだカプセルと検査で、甲状腺の大きさが分かり、これで治療用のカプセルの量が決まるのです。
私の甲状腺の大きさは37グラム。ちなみに正常な人のは15グラム程度らしいので、2倍以上ある。
なんでそんなところばっかり平均以上なのか(悲)。

それでも私が飲む治療カプセルは下から2番目の量らしい。
またまたアイソトープ室に行き、いよいよ放射線の治療用カプセルを2錠飲む。
ちなみにこの時の水は、サントリーの南アルプスの天然水。なんで前日と違うのか気になる(笑)。
所要時間は1時間弱、お会計15,940円也。

あとは火曜日までヨード禁止を続けることと、一ヶ月後に来院。
効果が出るまで半年~一年くらいはかかるらしい。
今度は甲状腺ホルモン低下の副作用が出るとは思うものの、とにかく治療が終わってホッとしたー。

さ~、ヨード解禁日の水曜日はナニ食べよっかな~(笑)。

今日のててこ:最近フットレストがお気に入り。


スポンサーサイト
Secret