このあいだ、月に一度の源一郎(仮名)先生のクリニックでの診察を終え、いつもの薬局に寄りますと、
「かかりつけ薬剤師という制度ができまして~」
という話をされた。

かかりつけ薬局ではなく、薬剤師…?
話を聞くと、一人の薬剤師を指名でき、薬の飲み合わせとか管理とかをしてくれ、基本いつでも相談に乗ってくれるらしい。

とはいえ、今飲んでる薬は3種類だけだし、飲み合わせは問題ないってわかってるし、聞きたいことあれば、薬局に寄った時にでも聞けば事足りるしなー。
お年寄りとかにはいい制度とは思うけど。

しかもそのかかりつけ薬剤師にかかるたびに、60~100円程度の費用取られるってゆーし、断ろうしたら、
「きちゅーさんは公費(自立支援制度)でかかられてますし、自己負担0(前年度の所得0なので、今年度は自立支援の自己負担0円)なので、薬剤師を指名されましても費用かかりませんよ。」
と食い下がられたので、まぁじゃあいっかーとお願いすることに。

薬剤師どーやって指名できるのかな?
と思ったら、その日たまたま私の担当だった、若いギャル風の薬剤師がそのままかかりつけになるという。。。
イケメンとか選べないんかよ…。
化粧の濃いギャルに、「よろしくお願いします」と言われても、素直に喜べない(笑)。

しかし来年度からは自己負担発生するし、そうなったらクスリが複雑に増えない限り、かかりつけ薬剤師はおことわりしようかと思う。

ギャルとも3月いっぱいでおさらばだな。

今日のみみこ:シンクの窓に乗るように。

ここに置いてた植物、ことごとくなぎ倒された…。

スポンサーサイト
Secret