「障害者の雇用の促進等に関する法律」により、企業は「常時雇用している労働者の2%」の障害者を雇わないといけません。

守らないと、雇わないといけない障害者の人数×一か月に50000円のお金を国に払わないといけないらしい。
ちなみに、障害者を雇うと、障害者一人あたり一か月に27000円の補助金が貰えるらしいです。

会社には私を含め何人かの障害者がいます。
精神は私だけだと思うけど。
会社の規模から考えると、納付金を払わなくて済む人数だと思ってました。

がっ、人事によるとあと一人足りないらしい。(風のウワサで聞いた。)
ということは、うちの会社、年に60万円も国に払っているのか…。

「常時雇用の労働者」ってのは、直接雇用の正社員だけだと思っていたが、もしかしたら契約社員や他の会社からの出向者、派遣社員も入るのだろうか?
だとしたら、確かに障害者の数が足りないですな。

私がお世話になったアビリティスタッフィング含め、いろんな仲介会社から障害者の紹介を受けている模様。
身体障害者含め働きたい障害者なんて一杯いると思うけど、決まらないもんだな~。
単にうちの会社が人気ないだけかもしれんが(笑)。大きなグループに属しているとはいえ、未上場会社だし知名度ないしな~。

うちの会社は慢性的な人手不足。
現場でも技術者が足りない足りない言うとります。
さらに障害者が採れないばっかりに会社が罰金払っている状態では人事の人、針のムシロ状態では…。
毎日毎日面接&今は新卒採用のための大学回りと超忙しそう。
人事グループ自体が人手不足のような気もするし、タイヘンだなぁ。
スポンサーサイト
Secret