2016.04.08 新入社員
うちの会社にも、大学新卒の新入社員が10名ちょっと入ってきました。
で、入社式でひとり30秒~1分ほどの自己紹介をしていましたが。

どの子も立派でした…。
誰だよ、今の若者は頼りないとか弱々しいとか言ってる奴。

就活の自己分析や面接対策の名残りが残っているのもあるかもしれないけれど、内容もすごくまとまっている。
そして、なによりお偉いさんを前に、ハキハキ堂々と話している姿。
若いって素晴らしい…。

このあとの自分がやったヘナチョコ自己紹介なんて、もう…。
入社3カ月にして黒歴史(笑)。

自分は障害者雇用という、ある意味お情け枠で入社させてもらった訳だが、この会社は本当は、この新卒の子達みたいな人材が欲しいんだな~…。
と、「ああああ~」と叫びたい気持ちにもなったり。

しかし新卒で一人、声も手も震えて、他の子より小さな声で自己紹介をしてる男の子がいた。
明らかに、人前に立つのがニガテなタイプ。
ブルブル君(←心の中で勝手に命名)。もうね、キミの気持ち分かるよ~。
別にこの場でうまく立ち振舞ったからって、この後すぐ何かに響くこともないしさ!気にすんな!
と、勝手に仲間意識を持つ40代のオバさん(笑)。

だが、入社後数日で、
「なんだかプログラミングのすごい新卒が入ってきたらしい」
とのウワサが。
またそれが、あのブルブル君と判明。

お前、早々と裏切りおってー!
と、これまた勝手に憤慨している私でありました(笑)。


スポンサーサイト
Secret