2016.03.17 ホワイト
さて、IT業界に障害者枠で就職した私ですが。

アビリティスタッフィングから
「ITの会社なんですが~」
と紹介を受けた時、やはり最初は「えっ」と思いましたよ。

私のイメージ↓
「IT業界=ブラック」

だって実際にIT業界で働いてて、過重労働で倒れたり、うつ病になった人を何人か知ってるので。
常にパソコンと向き合って小難しいプログラミングなんか長時間してたら、そらそうなるわ~みたいな。

なので、ITの会社がまず精神障害者を募集していること自体がびっくり。

でもまぁ、募集職種は事務職だし、現場はキビしいけど管理部みたいなとこは世界が違うのかもな~。
と思ってたら、なんと技術者枠でも障害者を募集してるという。
精神でもなんでもオッケーらしい。

アビリティの方から「プログラミングとかできるんだったら、そちらの枠でも」なんて言われたけど、私の経歴にそんな世界ちっとも接点ないってば。

しかしうつ病患った人がプログラミングなんて、また再発とかしそうな環境では…。

最初の面接で、
「ITってどんなイメージ?」
と聞かれ、
「いや~、なかなかキビしいイメージが…」
と素直に答えたら、
「世間はみんなそう言うよねぇ~。でも大丈夫!うちはホワイトだから!」
と面接官に力説された。
やはり業界としてもブラックイメージを気にしてるのか…。

実際入社してみると、思った以上にフッツーの会社なんでびっくり。
週に一度、ノー残業デーがあるのだが、みんな素直に帰ってる。。。(管理職も。)

ただ現場は納期が近づいている時期なんかは、休日出勤してたりとかなり忙しそうだけど、まぁそれは仕事だからね、多少は仕方がない。

というわけで、IT業界はかつてうつ病患者を大量に生産していたことを反省するべく、ホワイトイメージに転換しつつあるようです。
もちろん、会社にもよるだろうと思うけど、今の会社は恵まれてるかも。

今日のぽこた氏:両足を揃えると、模様がつながるんです♪




応援にせひ毎日ポチポチっと押してください~!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ 

猫を飼いたい?ペットショップはやめてコチラへどうぞ!
  

★ウチで使っているのはコレ!猫グッズ♪★





スポンサーサイト
Secret