障害者枠の面接では、ほぼ100%「障害があってもできること」と「障害があるからできないこと」を聞かれます。

気をつけないといけないのは、聞かれているのはあくまで「今の現状」ということ。
「昔はできたんですが…」
とか、
「できるかどうかやってみないと分かりません」
とか、
「頑張ればできるかもしれません」
なんて言っても、企業は困るだけです。
てゆーか、「できる」なんてこと、最初から精神障害者に期待してない。

企業側が精神障害者を採りたいのは、戦力になる人材が欲しいからではなく、「配慮する手間がかかっても障害者を採りたい」事情がある(法定雇用率達成のためとか、報奨金欲しいとか)からなんです。
そこをこちら側も理解して、自分がそんな人材なのかよトホホと情けなく感じてしまうことがあっても、世の中そうだと割り切らないと。

結局、「自分で自分のことを明確に把握して、明確に伝えてくれる」障害者が、企業にとって一番手間がかからない人材なんだと思います。

…ま、できないとかマイナス面を伝えるなんてこと、精神障害者が一番ニガテなことなんだろうけど…。
「周りに迷惑をかけたくない」と思っちゃう優しい人が多いような気がするしね。
でも、それができないと入社した後、自分の首をしめることにもなるから怖いよ~。

できること、できないことの棚卸しができれば、どんな仕事が向いているか?もおのずと見えてきて、就活もムダのないものになるはず。
てか、これってフツーの就活にも共通することだね。

今日のててこ:ティッシュ箱の上。

もっと安定してるとこにいりゃいいのに。



応援にせひ毎日ポチポチっと押してください~!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ 

猫を飼いたい?ペットショップはやめてコチラへどうぞ!
  

★ウチで使っているのはコレ!猫グッズ♪★



スポンサーサイト
Secret