2015.12.23 次、次!
「最初の面接」編で、最終面接まで行ったからてっきり決まると思っていた皆さん!
そんなアッサリ内定をとれるほど、世の中の障害者雇用は甘くはないのですよ~。

ちなみに、何社か面接を受けて最終面接まで行ったのも何件かありましたが、どこもリクルートの営業さんは一緒に会場まで来てくれますが最終面接は一人で受ける、というパターン。
そして、自分一人だけが最終候補、ということはなかったようです。
もちろん競争者は同じリクルートから紹介された障害者と思われます。
そうやって決めてくれ、ってリクルート側が会社に言っているのかもな~と思ったり。

さて、リクルートのアビリティスタッフィング(以下リクルート)からの電話で、結果が残念だったという情報と共にもらったのは、次の会社の紹介。
また同じくざっくりと雇用条件等の話を聞いた後、「どうでしょうかね~?」と聞かれる。
まぁ自分の中の条件と合致していたので、「ぜひ~!」とお願いすると、次の日には詳細のメールが。
また新しく履歴書と職務経歴書をメールに添付して送って欲しいとな。

ということは、応募する企業ごとに志望動機とかを変えたほうがよいのね…。
(作成した日付や通勤時間が変わるから、そこを書き換えなきゃならんということもあるだろうけど。)
まぁ就職活動の常識としては当たり前っつーか当たり前。

さて、次に紹介されたのも聞いたことのある会社で契約社員のお仕事。
書類が通って一次面接に行けたら、同時に筆記試験もあるらしい。
ひえぇ~そんなん受けるの何年ぶりだろう。。。

今日のててこ:腰がぷりっ。
20151223.jpg



応援にせひ毎日ポチポチっと押してください~!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ 

猫を飼いたい?ペットショップはやめてコチラへどうぞ!
  

★ウチで使っているのはコレ!猫グッズ♪★





スポンサーサイト
Secret