南米チリのカルブコ火山が大噴火しているらしいですな。
地元の人たちは、ATMでお金を下ろす長い行列ができたり、買いだめに走ったりと結構混乱しているらしいです。

地震国日本も人ごとではないですな~…。
ふるさと山形でも蔵王山や吾妻山が危なそうとニュースになっているし。
関東でも富士山が噴火しそうだというウワサがあったり。

東日本大震災後、災害のために備蓄をしているご家庭も多いと思います。
うちも3日分くらいの水と食料は備蓄している。
あとは避難場所に行けばなんとかなるだろう…と思っていたが。

国の防災基本計画によると、推奨されているのは「家庭で最低一週間分の水や食料の備蓄」だそう。

一週間分の食料とな!!かなり大量になるのでは…?
と思ったが、何も災害用で売っている長期保存可能食品ばかりを買い揃えるのではなく、家庭で普段食べているもの(缶詰とか乾物とか)も備蓄に入れましょう、ということらしい。
ただ、冷蔵庫は停電で使えないということ前提で考えなければならん。

ベターホームのHPにあった「一週間分の食料備蓄例を考えました」のページが役に立ちそう。
「一週間分の食料備蓄例を考えました~巨大地震に備えて家庭でできる防災対策」
↑クリックするとサイトに飛びます。

しかし、一番アブないのは、備蓄している食料まで手をつけざるをえないことが多い給料日前だな~。
給料日前に災害が起きませんように…。

今日のててこ:だいぶ暖かくなってきたから、もう少しで毛布は卒業だね。
20150423.jpg



応援にせひ毎日ポチポチっと押してください~!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ 

猫を飼いたい?ペットショップはやめてコチラへどうぞ!
   ペットのおうち
スポンサーサイト
Secret