2015.03.19 評価集め
また思い出したようにヤフオクに出品しています。
3ヶ月に1度、そういう波が来るようで…。

いつも家の中の不要品を売っぱらっているのですが、今回は映画パンフレットを中心に出品。
最近は映画を観る機会はめっきり減ったけれども、ウツで休職していた時代は気晴らしに、外出でリハビリ代わりにと結構映画館に出かけていた。
障害者手帳でどれも1000円で観られる罪滅ぼしに、ってことではないけども、映画パンフレットを買うのが常だった。

何十冊もの映画パンフを眺めていると、題名はもちろん中身すら全っ然覚えていないのも結構ある。
こう考えると、映画って基本消えモノだよねぇ。。。

ところで、本日落札されたパンフ(ヨレヨレなので100円出品)があって、早速落札者から連絡が来た。
「代金を振り込みました。商品はいらないので良い評価を下さい。」と…。
おお、これがウワサの「評価集め」ってやつかな。

ヤフオクは出品者・落札者共に評価をつけられるのだが、やはりいい評価が多いと取引が成立しやすい。
何万という高価なモノを売ろうという人、または詐欺まがいの出品をしようとする人が事前に「評価集め」をすることが多い、と(ネット上で)聞いたことがある。

悪質な評価集めの人は、落札したのに代金を払わず「評価だけ下さい」と言ってくるらしい。
が、今回のは、きちっと代金が振り込まれている。
落札者の評価を見ると、おととい~今日という短期間で60以上の「とても良い」評価がついている。
なんだか薄気味悪いが、まぁお金を払ってくれているので、「評価だけつけるのはチョットね…」とは断りにくい。
「アンタなんだかアヤしいからイヤです」なんて断ったら、腹いせにこちら側に「とても悪い」評価をつけられそうだし。
悪徳出品者の片棒を担ぐことになりませんように…と思いつつ、ちょっと不本意ながら「とても良い」評価をつけた。

その人はどれも100円出品の格安商品をどんどん落札しているとはいえ、その費用もチリも積もればなんとやら、と思うんですが…。
アタシのように、良い評価はコツコツと集めるのがオークションの醍醐味だと思うけどねぇ。

今日のぽこたん:ちょいノビー。
20150319.jpg



応援にせひ毎日ポチポチっと押してください~!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ 

猫を飼いたい?ペットショップはやめてコチラへどうぞ!
   ペットのおうち
スポンサーサイト
Secret