新年早々、「あーやっぱりな」的なニュースを見つけた。

1月4日:47News(共同通信)
「障害基礎年金停止や減額6割増 10~13年度、更新時の審査」
【障害年金の審査に地域差】 「誤判定、確実に存在」  現場の医師、国に不満
※茶色部分をクリックすると新しいウィンドウが開いてニュースが読めます。

2009年頃から貰っていた、障害基礎年金。
実は、去年の4月分から支給停止状態です。
一昨年、日本年金機構に提出した「障害状態確認書」によって、「障害の程度が年金を給付するレベルに適合しなくなった」と判断されたためです。

本当に良くなっているのであれば、それはそれで納得するのだが、こちらの障害の程度はそれほど変わっていない。
源一郎(仮名)先生に書いてもらった「障害状態確認書」の内容もさほど変わっていないんですけど・・・。

主治医に「障害状態確認書」を書いてもらう度に、1万円かかる。
3年に一度の提出だったのが、東京に来てからはなぜか1年毎の提出になり、こちらの経済的負担も重くなった。
それで提出した結果「不支給」だから、あんまりハラが立って、当時ブログの記事にもしたくなかったくらい。

旦那さんの推測では、「結婚した、という一文があったからではないか」と。
独立世帯主だったのが、結婚して旦那さんの扶養に入ったので、ここぞとばかり切られたのかもしれないな…とは感じていた。
今回の記事を見て、「ははー、やっぱりこういうことか…」と妙に納得。

しかし今まで、年金から医療費・薬代等々自分の支出をしていたので、経済的にキッツイ。
病気しながら大変な思いをしてやっと手に入れた受給権、しかも障害発生当時からのさかのぼり支給のない、雀の涙ほどの基礎年金だけの支給だったのに、こんな金額でも切られるなんて…ホントにハラが立つ。

次回に続きまっす。

今日のててこ:PC画面に寄りかかってネムー。
20150106.jpg
PC画面の光は快眠にはよくないのニャー。



応援にせひ毎日ポチポチっと押してください~!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ 

猫を飼いたい?ペットショップはやめてコチラへどうぞ!
  







スポンサーサイト
Secret