2014.12.22 朔旦冬至
本日12月22日は「朔旦冬至(さくたんとうじ)」だそうです。
ただの冬至ではなく、新月も重なるとそう呼ぶとか。
(「朔旦」とは、朔=「新月」、旦=「太陽が昇る」、転じて「ついたち(一日)の朝」という意味にもなる。)

冬至は、言わずと知れた一年で一番日の短い日。最後まで弱った太陽が復活を始める日、というので、冬至は世界中で縁起がいい日とされる。
そして、「新月」は満月へ向かって出発する日。
今日は太陽と月が同時に復活を始める、ということで非常にオメデタイ日らしい。
しかも19年に一度しかないんだってー。
(しかし19年前、そんな日があったなんていう記憶は全くないんですが。大学時代はそんな暦なぞ気にしなかったな…。)

とにかく、こういうなんちゃら記念的な日は主婦にとっては実にありがたい。
夕食のメニューに悩むことから開放してくれるからだ。

というわけで、冬至と言ったら昔からあずきカボチャなんだよー!
20141222_1.jpg
カボチャは出汁で別ゆでなので、見た目より甘くはないっす。
甘いあずきってゴハンにはあんまり合わない気もしないではないが…。まぁ昔の人が決めたことに文句は言うまい。

前述の通り、朔旦冬至はオメデタイ日なので、昔は恩赦を与える日だったよう。
日常のいろいろムカつくことやムカつく人等々、まとめて許す(赦す)のに向いているそうですよ。
19年に一度しか許さないのかよ、と思うと、それはそれで非常に心が狭い気もしないでもないが、こんなユルい頻度であれば、まぁ今日くらいはガッツリ許してあげてもよかろうな。(←上から目線w)

今日のててこ:近所の農家の軒先で売っていた柚子をふんふん。
20141222_2.jpg
今夜は柚子湯に入らないとね!



応援にせひ毎日ポチポチっと押してください~!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ 

猫を飼いたい?ペットショップはやめてコチラへどうぞ!
  
スポンサーサイト
Secret