2014.10.02 時計
9/23記事「あいぽん」の続きです。

Apple社の「バッテリー交換プログラム(タダでバッテリー変えてくれる)」に該当のiPhone5を持っているアタクシ。
問い合わせたところ、「交換用のバッテリーの入荷は未定」ということで、途方に暮れておりました。
ちなみに問い合わせた先はApple正規サービスプロバイダである新宿のビッ○カメラ。

しかし、こないだお世話になった美容師さんから、
「ビッ○カメラじゃなくて、Appleの直営店に行けば、きっとそんなに待たずに交換できるハズ」
とのアドバイスをいただいた。
そういうわけで、渋谷にあるApple Storeにネットから予約を入れて、本日行ってまいりました。

店員のおにぃちゃんが、アタシのiPhoneをちゃちゃっと診断して、
「バッテリー交換は一時間半後くらいで出来上がりますよ」とのこと。
おお~素晴らしい!美容師さんの言った通りだった!

「4時にはできますので、4時過ぎたらまたいらしてください。」
と言われたので、時間を潰そうと渋谷の街中にGO!

・・・しかし、あることに気がついた。
時計を持っていない!
外出時はいつもiPhoneで時間を確認していたので、腕時計なんて久しく持って歩いてないのだった。

何時なのかを気にしながら勘である程度時間を潰して、最終的にデパートの中の時計屋さんへ。。。
針の時計の多くは10時10分を指していて使い物にならない。
なので、現在時刻を表示しているデジタル時計をウロウロ探して時間を確認。
アヤしい人に見られたかも…。

無事にバッテリーを交換してもらい、何もいじってないのに充電が減るということはなくなりました。
これであと2年は使えるゾ。

Apple Storeは都内ですらたった3店舗(渋谷、表参道、銀座)しかない。
一週間先くらいまでの間しか予約ができず、その予約も常にいっぱいの中、今回は幸運なことに渋谷店で誰かがキャンセルした日時に滑りこむことができた。

3店舗の中のどのApple Storeにも家から一時間以内で行ける。
こういう時、都会に住んでてよかったな~としみじみ思う。
ちなみに、地方住み等で直接お店に来れない場合は郵送で修理依頼ができるが、送料は自分持ちらしい。
Appleに非があるリコールなのに、修理を受けるのにこんなに不便なのオカシイよ~。

今日のててこ:手がユーレイ。
20141002.jpg



応援にせひ毎日ポチポチっと押してください~!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ 

猫を飼いたい?ペットショップはやめてコチラへどうぞ!
  
スポンサーサイト
Secret