2014.05.09 移転と閉店
移転といえば、このブログも後々にはFC2ブログへ移転する予定なんでございます。(だから過去記事の移転作業を進めているんですがね。しかし記事が多すぎて遅々として進まない…。)

いや、そんなどうでもいい(?)移転よりもビックリしたこと。
こないだ診察受けに行ったら、源一郎(仮名)先生のクリニックが来月移転するとの旨の貼り紙が、壁にぺろんと貼ってあった。
近くに新しくて大きなビルができたので、そこへ引っ越しするそうで。
現在クリニックがあるビルは古いし、待合室には6人座ったらいっぱいいっぱいという狭さだからねぇ。分からんでもない。
クリニックへは一ヶ月に一度しか行かないからかもしれないが、しかし、移転のお知らせってこんなにギリギリに発表するもんなの?

今のビルの一階には、調剤薬局がある。薬はそこでずっとお世話になっている。
周辺には医療施設が源一郎(仮名)先生のところくらいしかなので、ほぼ源一郎クリニックの専属薬局になっている。
今回、薬を頂く時に、薬剤師さんに
「源一郎(仮名)先生のクリニックが引っ越しするらしいですね。ここも一緒に移転するんですか?」
と聞いたところ、
「いえ、うちは閉店するんです。」
との意外な答えが!!

クリニックの移転先である新しいビルには、いわゆるメディカル・コンプレックス的な感じでいろんなクリニック(内科とか歯科とか耳鼻科とか)が集まるらしい。
そこへ、新しく大きな調剤薬局がどーんと収まるそうで、今お世話になっている小さな調剤薬局が入るスキは全くないらしい。
「移転も考えたんですけど、ここらへんではなかなか手頃な場所もないし、何より長年源一郎(仮名)先生のところと一心同体でしたからねぇ。。。」
と。
薬についてどんなことを聞いても的確な答えを出してくれるベテラン薬剤師さんが揃っていて、みんないい人で、本当にお世話になっていたのに。残念・・・(泣)。

ところで、今回のクリニックの移転と薬局の閉店に伴って、少々メンドクサイ問題が。
自立支援制度を使う手続きの際には、利用しているクリニックと薬局、そしてそれぞれの住所を事前に登録するのだが、今回の件で各自役所に変更手続きをしないといけないらしい。
しかも、クリニックは新しいビルのどのフロアになるのかまだ正式に決まっておらず、故に正式な住所がまだ定まっていないらしい。そんなギリギリまで分からないで移転するって大丈夫なのか…?
そして、今後お世話になるであろう新しい調剤薬局については名前すら分からないとのこと。
今度来たら「診察料は3割負担になります」なんて言われるのかなー。
まぁクリニックは住所だけしか変わらないからそんなことはない気はするけれども、問題は薬局。
新しい薬局に行ったらイキナリ
「自立支援の変更手続きがなされていないので、手続きが完了するまで3割負担で7000円になります!」
なんて言われたらイヤだよ!(現在一ヶ月分の薬は約2500円弱。)

今日のたぬたん:何気に「岩合光昭の世界ねこ歩き」のファン。
20140509.jpg
スポンサーサイト