2013.08.08 Gとの闘い
今の仮住まいアパートに入居する直前、大家さんが
「上の部屋が空いたから、バルサンたくわね~」
と言った時からヤ~な予感はしていた。

上の部屋には、長年おっちゃんが一人暮らしをしていたが、体調を崩して長期入院するため退去したとのこと。
入院してからしばらくは荷物置きっぱなしだったようで、便利屋さん?みたいな人たちが何人もやってきて、部屋の中を片付けていたようだ。

こちらはすでに大家さんから鍵はもらっていたので、大家さんがバルサン予告してたその日に合わせて、うちの部屋もバルサンをたいた。
でないと、煙をのがれたGたちがこちらの部屋に逃げてなんてきたらたまらないからだ。
で、バルサンした後、安心して引っ越し。

しかし、入居したその日からGが出た…(汗)
小指の先ほどの小さいやつが複数。
2階のバルサンで生き残ったやつが来てるのかと思い、外からの侵入を阻止するべく窓の下等に置き型の殺虫剤(ブラックキャップ)を置いた。

だが、それでもGはまだ出現する。
ホイホイを置くとおもしろいくらいに引っかかってる…。
ホイホイは「一ヶ月間は効果が続く」とあるが、一週間も経つと採れ具合が極端に悪くなる。
家の中にも置き型殺虫剤を置き、ホイホイを毎週一箱分以上組み立て、見つけたやつはキンチョールで退治し…
と地道な排除運動を続けた結果、引っ越しして一ヶ月半近く経った今、ようやくGの姿を見ることは(ゼロではないが)ほぼなくなった。
バルサンでは卵は退治できないので、そこから生まれたヤツらが絶えてきたんだと思う。
しっかし人生でこんなにホイホイを組み立てたのは初めてだ…。

一度大きいチャバネGが出たことがあって、ゴロ寝していた旦那さんの手の上を通ったらしく、ギャーとものすごい悲鳴をあげていた。
そういえば前の古い家にいたときも、ゴロ寝していた旦那さんの上を走っていった事件があったな。

はっ。まさか引きつけてないよね…。
スポンサーサイト