2013.06.12 取捨選択
ブログ更新をほっぱらかしにしておりました。生きております。(←常套句になりつつあるな。)
なんせ仮住まいのアパートへの引っ越し作業がたけなわ…の、まだ前段階ですが。

1人暮らしでの引っ越しは何回もしているので、そんな感じでノンキに構えていたところ、荷造り作業を進めていくうちに、
家族二人(+猫3匹)とはいえ、一軒家の引っ越しは思ってた以上に大変だ・・・
ということに、遅まきながら気付き始めた。

ウチの実家は転勤家族だったため、4~5回は一軒家(借家)の引っ越しはしているハズなのだが、なんせ子どもの頃の話なので、引っ越し準備に関してほとんど記憶がございません。
(大きな引っ越しトラックが来て、テンションが上がったことは覚えている。)
ということは、荷造りってほとんどおかんがしていたということだよね…今さらながら、おかんはスゴかったな…。

仮住まい先が6畳+4.5畳+6畳弱くらい?のキッチン付アパートという、手狭なところに移るので、モノはそんなに持っていけない。
しかも、これから建つ新築のお家に、古いモノや要らないモノは極力持っていきたくない。

お客さん用布団や冬物、暖房器具等、しばらく使わないモノは、近所の旦那さんの実家に預かってもらうことにはなってはいるのだが、一向に荷物が減らない。

アタシの場合、一人暮らし中は山形の実家に預けていた大量のマンガと本、書類、写真などを今の家に移る際に持ってきてしまったので、まとめて積んだだけで2階の廊下が塞がってしまった。
とにかく捨て捨て捨て!!
マンガは捨てられないから、いらない書類や写真を片づけなきゃな!

過去(病気で倒れる前)の給与明細はイラナイよな…。(と当時の残業代とボーナス額を見て、改めてその金額の大きさに驚く。過去の栄光は捨てよう。)
休職してた当時の傷病手当金の書類もイラナイよな…。
何年も前の診療明細の束もイラナイよな…。
離婚した友人の結婚式の時の写真は…どうしよう??

一方、旦那さんの方は、(サイズが変わって)着られなくなった服をまとめていたら、ものっすごい大量になっていた。
昔の体型に戻ってまた着ることもあるだろう、という幻想も捨ててしまったらしい。

というわけで、しばらくブログ更新がおろそかになりそうなんでご容赦ください!

今日のててこ:猫は身一つで引越し完了だからラクでいいよなー。
20130612.jpg
スポンサーサイト