アタシが昔々の小学生の頃、しゃべっている時と食事をしている時以外はポカーンと口を開けてることが多かった(らしい)。

思春期になると「口を開いてたらバカっぽいわ」ということに気づき、意識して口を閉じるようになった。
オトナになると意識をしなくても、黙っている時は自然と口が閉じるようになった。

真剣に考えている時や何かに集中している時、緊張している時など、たまに奥歯をぎゅーっとかみしめるクセが出るようになった。
実はこれ、精神的なストレスがある時にしやすいらしい。
そんな風にカラダが無駄に緊張していると、頭痛や肩こりなど体調を崩す原因になるのだそうだ。
そおいえば、精神的に絶不調でカラダがあちこち痛くてガタガタしていた頃、無意識に奥歯をずっとかみしめていたかも…。

最近、「かみしめるまでにはいかなくても、上下の奥歯同士が少しでも触れているだけでよくない!」ということを知った。
よくよく意識してみれば、口を閉じたまま歯をくっつけていなくても、自然と唇が開くことはないのね。。。
38になった今、こんなアタリマエな事に気づくとは…。
歯をくっつけないと昔のように口が勝手に開きそうで、奥歯同士は触れずとも、意識して上下の歯をくっつけていたのに。

口を閉じている時、口と頬の部分がミョーに緊張してて写真映りがイマイチだったのはこのせいか…!
ずっと歯並びが悪いせいだと思っておりました。

ここのところ、歯科矯正のおかげでだいぶ歯並びがよくなりました。
それなのにナゼ…?と思っていた矢先の情報。
このことを知ってから、意識して上下の歯を離すようにしている。
…のだが、長年の癖で口まわりの筋肉に力が入っていることがしばしば。

たまにはポカーンと口を開けているのがいいのかもなー。
(あっ、寝ている時は開いてるかも…ヨダレが…)

今日のててこ:足がビミョーに浮いているのだが…
20130603.jpg
スポンサーサイト