こないだまた伊藤病院に行ってきました。

甲状腺の検査といえばまず血液検査から始まるので、この病院の検査室には8~10人くらいの血液検査技師が待機しており、数十人から血液を採取するのにものの数分でさばくような感じになっている。
なので、血液検査に並ぶのにはほとんど待ち時間というものがない。

しかし、今回は検査待ちだけでビッシリと廊下・階段にまで人がひしめき合っていた。
GW前だから混む時期?

それでも検査結果が出るのは1時間程度というのには変わりはなく、表参道を適当にフラフラして1時間後に帰ってきたのだが、まもなくしてすぐ診察室に呼ばれた。
診察の順番が近づくと、待合室の画面に受付番号が表示されるのだが、それがまだ表示されていないんだけど。

なんでも、あのスゴい人波を見て
「自分の診察の順番が回ってくるのはだいぶ先だろう」
と考える人が多かったらしく、みんな病院の外へお茶をしに、もしくは遊びに行ってしまい、順番が来てるのに気づかず戻ってこない人多数らしく。。。

とにかく血液検査の結果、数値は正常値に戻ったままで異常はナシ!
ただ、1つだけ戻らないものが。
それは体重。

あと2キロ、、、

「体重の神様!あと2キロどうかしてください!」
と言ったら、ちょうど眼の前にはメタボの旦那さん…。
ヤツの増量分をうまくコチラへ回してくれないものか。。。

それとあと一つ。
スーパー銭湯の体重計、本当の体重より軽めに表示されるの、直してくれないかなぁ。
(世間はそれを望んでる方の方が多数というのは分かるけど、真実を知りたいの。)
スポンサーサイト