2012.12.09 第二の実家へ
週末に親友ねこまたに会ってきた。
いつものように、ねこまた実家にお泊り。(ねこまたも一緒。)

3月に生まれたねこまた太郎クン。ただいま8ヶ月。
20121209_1.jpg
「髪の毛が薄い」と言っていたが、別に気にするレベルではないと思うけどね。。。
母ねこまたの扱い方が雑把でも、いつもニコニコ穏やかな赤ちゃんであった。

ねこまた実家に養子に出した黒吉。つやっつや~。
20121209_2.jpg
元気そうでなにより。
しかし初孫ねこまた太郎クンの出現により、ねこまた両親の心の中で黒吉の「カワイイ度」順は確実に下がったと思われる(笑)。

久しぶりに、ねこまた母の「手作りお料理」を堪能した。
うちのおとうは趣味のひとつが料理だが、アタシがいると片付けはほとんどしない。
なので、おかんが亡くなった今、後片付けの心配をせずに手作り料理をゆっくり堪能することは永遠になくなってしまった。
が、ねこまた実家に行けばそういうことを堪能できる、というだけ本当にありがたいことである。

富士山見ながらお散歩。
20121209_3.jpg
5分も抱っこしてたら腕が痛くなるくらい重いです。
姪っ子たちも、昔はこんなんだったなぁ~(遠い目…)

卵巣嚢腫・不妊治療・高齢出産を乗り越えて授かった命。
その苦労を知ってる分、親友の子どもという以上に、ねこまた太郎クンはほんとうにいとおしく感じる。

ねこまたがiPadでねこまた太郎クンの動画をいくつか見せてくれたが、その中で驚愕したのは、ねこまた太郎クンと映っていたねこまた旦那の姿。
いつもクール・あんまり感情をあまりあらわにすることが少ない印象の彼が、満面の笑みでねこまた太郎クンをあやしていた。
人って子どもができると本当に変わるねぇ~…。
スポンサーサイト