起きる→ゴハン→メールチェック→庭仕事→ネット→ゴハン→テレビ→庭仕事→英語勉強→ネット→テレビ→ゴハン→テレビ→ネット→お風呂→読書→寝る…。

なんてゆー平々凡々ストレスフリーな療養生活を毎日てろてろ送ってるアタシが。(上記はあくまで一例、大ざっぱです。)

久々にやっちまったなー!!

なんと、ふふふふふふふふフィッシングメールに引っかかってまった…ガク。

それは昨日のこと。
「Yahoo!JAPAN サポートセンター」とゆーところからメールが来てた。
見てみると、
・・・
Yahoo! IDを使用する上で、大切な情報ですので必ずご確認ください。

Yahoo!オークションを引き続きご利用いただくためには、Yahoo! JAPAN ID
の延長手続きが必要です。

詳しくはユーザーアカウント延長手続きページをご覧ください
http://weartherty.heteml.jp/auction
・・・

なぬー!ヤフーオークションができなくなる!?
毎日ヤフオクで不用品を細々と売って月々の医療費や雑費に当ててるアタシ。
これは大変だ!

と思ったのは、実は数日前にネット銀行から
「2008年09月26日付の自動引落(○○円)が残高不足のため行われませんでした。収納機関名:ヤフー 株式会社」
というお知らせをもらっていた。
これはヤフオクでのシステム利用料(出品や落札に関わるお金)である。
しかも、アタシはこのネット銀行から引き落とされてることをすーっかり忘れてて、別の金融機関に入金してしまったという我ながら残念な行動を起こしていた(泣)。

1度システム利用料を引き落とせなかっただけで、ヤフオクってばすぐに利用停止にするのか…。せちがらい世の中だのぅ。
と思ったアタシは、早速指定のURLに飛んで手続き。

まず、本名を書けとな。ま、本人確認だな。

次にIDのパスワードを答えろとな。しかも、自分6文字にしてるのに8文字以上書かないといけない。
これは知らないうちにセキュリティが厳しくなってパスワードの文字数が増えたのかな。しょうがないなぁ、と新しい暗証番号を考えて入力。

今度はシステム利用料を銀行引き落としにしているのに、クレジットカードの番号を入れないといけない。
はーん、銀行で引き落としができないならクレカで払えってか。
と、クレカの番号と有効期限を入力。

で、手続き完了。
自分の出品してるヤフオクの管理ページを見るためにYahoo!ページへ。

…新しいパスワードを入れたのに、自分のページに入れない。
ためしに古いパスワードを入れたら・・・入れた。

おかしい。なんかおかしい。
と、来たメールをもう一度見直すと、発信元が「cly15890@pop26.odn.ne.jp」。
なんでヤフーからのお知らせなのにODNの回線で来るんだよ!あんなに宣伝してるYahoo!BBはどうしたんだ!?外部委託なのかこのメールは!?

しかし、メールについているURLは確かにヤフーのページに飛ぶ…。
「Yahoo! JAPANをいつもご利用いただき、ありがとうございます。http://www.yahoo.co.jp/」とか。

が。アタシが手続きしたURL(http://weartherty.heteml.jp/auction)にはyahooの文字がない!!

これはやらっちゃがー!(←生まれ故郷の山形県南部の方言。)

まずヤフーのトップページに行ってヘルプを見る。
まず、「様々なお手続きはYahoo! JAPANのトップページから必要なサービスのページに移動して、ログインするようにしてください。」
とあった…。
それと「お引き落としできなかったシステム使用料は翌月分とまとめて再請求させていただきます。」
だとさ。1度引き落とせなかっただけではヤフオクは利用停止にはならないんだ…と初めて知った。

ヤフーに「こんなメールが来て手続きしてしまったんですけど…。」とメールを出してみた。ら、案の定。

・・・
お問い合わせいただいたメールにつきましては、Yahoo! JAPANが送信した
メールではございません。
非常に悪質なメールの恐れがありますので、本文中で求めている情報は絶対に入力や送信を行わないでください。
云々。
・・・

幸運だったのは、犯人達がアタシのパスワードを変更する前に気付いたこと。全然違うパスワードにしてやった。

それと、クレカ(クレジットカード)。
アタシは躁うつ病なので躁状態になると金遣いが荒くなる。なので、働いてた頃に持っていたクレカは全部処分していた。
今持っている唯一のクレカは「VISAデビット」といって、VISAのクレカとして使えるのだけれども、すぐに預金口座から引き落とされるタイプのもの。
つまり「利用限度額=預金残高」というものだ。そして1回払いしかできない。
クレカを1枚ももたないというのも社会人としては心細いので、1枚作っておいていたのだ。
ただし、このカードと提携している金融機関には現在5000円しか入れていないのだけれども。
だから、犯人が一生懸命暗証番号を割り出して使おうとしても、5000円以上は使えないわけだ。

ただカード番号を漏らしてしまった以上、安心してカードを使えないので、カード会社に電話し相談して利用停止にしてもらい、カードを作り直すことにした。
手数料1050円…トホホ。でもまぁ今回のいい勉強料と考えることにします。

あと、手続きしたウソのメールやサイトにはウィルスやスパイウェアがついていなかった。セキュリティソフトを入れてるとはいえ、これはほんっと幸運。

しかし、偶然かメールが来たのがグッド(ほんとはバッド)タイミングといい、手続きしたサイトがとても巧妙で本物のYahoo!サイトと見分けがつかないほどの素晴らしい出来栄えといい。(ちなみにそのサイトは今日になって消えてなくなってた。レンタルサーバーにつながります。)

振り込め詐欺に引っかかってる年寄りを笑ってる場合じゃなかったわ…。
皆様をお気をつけあれー!

今日のニャニゴ:そこはおかんの枕です。乗るな。
20080930.jpg
(ちなみに夜寝るときはおかんと一緒。元飼い主のとこなんか来やしないぃ。)
スポンサーサイト