2008.05.31 第二の実家
今日は親友ねこまたに会いに、神奈川県小田原市(…と書くと「県名なくても誰でも分かる!」ってねこまたが怒るんだよな…)に行ってきた!
東京からJRの各駅停車で一時間少々の遠出。

ねこまたとお昼に小田原駅で待ち合わせ。
数か月ぶりに会うが、普段からいろいろやりとりしてるのであまり『イエー久しぶりぃ!』という感じはしない。

箱根にある高級ホテル『富士屋ホテル』系列のレストランでランチ♪考えてみれば久々の外食やなぁ…。
昔、小田原駅はかなり古かったが、2~3年前に新しくなり駅ビルもできた。
ねこまたは「外観が小田原らしくない!」と怒っていたが、いろんなお店が身近にできた点はよかったんじゃないかい?(近代化大好きな地方育ちはそう思う。)

その後、徒歩5分の小田原城へ。初めてじゃないが数年ぶりに来た。
初めてお城の天守閣にも登った。ねこまたも入るのは数十年?ぶりらしい。
中は歴史の展示物がある。結構好き~。
20080531(1).jpg
後姿はアタシです。実は昨日、腰まで伸びに伸びてた髪をバッサリ切りましたぜ。

小田原城敷地内にはナント象がいるのだ!しかも昭和25年に3歳で来日というご長寿。名前は『うめこ』。
前にこのブログにも書いたが、小田原は梅の産地なのだ。(←無意味に大文字にしてみました)
20080531(2).jpg
「うめこ」。インド象です。ちなみに山形県には一頭もゾウはいません↓

それから駅前に戻って『ういろう』というお店でお茶をする。
ちなみにお菓子の「ういろう」は名古屋が有名ですが、発祥地は小田原ですってよ奥様!初めて知った…。
ういろうは「外郎」と書き、陳外郎さんという中国人の方の名前が由来らしい。
この一族が開発した薬が元々の「外郎(ういろう)」で、おうちで来客用のお菓子として出してたものがあのお菓子の「ういろう」らしいです。
…これで一つアナタも物知りになりましたね。うふ。
20080531(3).jpg
珍しい業種コラボ…。薬の「ういろう」も置いてます。ただ医師の処方箋が必要らしいですわ。

20080531(4).jpg
下の方の桃の形の和菓子は外側がお菓子の「ういろう」、中には小梅が。小田原らしい一品です。

それから、ちょこっとねこまた家に寄ってねこまた旦那にちょろっと顔見せし、彼の車を借りてアタシの第二の実家である(と勝手に言ってる)ねこまたの実家へ向かう。
ねこまた実家は、あの黒吉を養子に出した所でもあります。
ねこまたパパとおしゃべりして、ねこまたママの作ってくれたおいしい手作りゴハンを食べさせてもらうのが恒例の楽しみ。
そして、黒吉はじめ、ねこまた家の猫たちに会うのもめっちゃ楽しみ~!

…だったが、猫らからはみんなダッシュで逃げられた(泣)。
でも、時間が経つにつれてちめちゃま(メス:ニャニゴの心の恋人)とたぬき(オス:黒吉の兄貴分)は触らせてくれたが、肝心の息子黒吉が全く触らせてくれぬ!!(怒)
冬に来たときは、アタシのニオイを嗅いだら思い出してくれてひざに乗ってきたのに!!

黒吉はほんの一週間前に去勢手術をしたのでそのせいでナーバスになってるのかも…と思ったが、ねこまたママ曰く「オトナになった」とな。
いろいろ知恵をついた→怖がりになった、みたいな。
人間でいうと「人見知り時期」みたいなもんかな…。とヘコみながらも前向きに考えてみる。
ま、もう少し歳をとって性格が丸くなるまで気長に待つか。

今回は日帰りだったが、いろいろ癒されて帰ってきた。
山形ではまだ咲いていないアジサイやしょうぶも咲いてた。
今日は関東地方、4月中旬の気温。だが小田原は東京よりあたたかかった。
やっぱここは気候がええなー。

小田原、もっと病気を良くしてまたお邪魔しますですよ♪

今日の黒吉:去勢手術で普通は太るのだが、手術のショック?でちょっとやせたらしい。
20080531(5).jpg
一番近くてこの距離…。(しかも最大限ズーム使用。)
スポンサーサイト