今日、うちのおかんから電話があった。
で、ニャニゴの近況を聞いた。以下その内容。

・ニャニゴは山形へ預かられてから2~3日は夜中にニャーニャー鳴いたりして不安定?だったが、今は非常に元気らしい。

・先住ネコのくろこさん(メス・14歳)にちょっかいを出し、ウザがられているらしい。それでもちょっかい出しはやめないらしい。
小田原療養でメスネコに全くモテない(2/26の「今日のニャニゴ」参照)のはさんざん分かっているのにやめない。

・おかんが庭仕事で外に出るとくろこさんもお供するのだが、それを2階のベランダから見てギャーギャー悔し鳴きをしてるらしい。(ニャニゴは内ネコなので、実家でも外に出しておりません)

・「ニャニゴ」という立派な名前があるにもかかわらず、おかんは一瞬名前を忘れてた…。ちなみに「トラバカ♪」と呼ぶと「ニャ♪」と答えるらしい。(アホだ…)

・おかんがうちの94歳のばーちゃんに「(名前は)ニャニゴ」と大書きしたたメモを渡したらしいが、なぜか「ニャニニャ」と呼んでるらしい。(言いにくくないのか)

・くろこさんと平等に、グルーミングもしっかりしてもらってご満悦らしい。しかしニャニゴはくろこさんより口(というか歯)がくさいらしい。(これは動物病院行きか?)

・うちのおとうが張りきってキノコ型のネコちぐらを買ってきて、寒いので中にはネコ用電子カーペットを敷いているのだが(決してゼイタクではなく、標準的な雪国仕様です)、寒い朝夕はそこに入っているものの、日中は好奇心一杯で動き回ってるらしい。
(ちなみにくろこさんは、この季節はずっとネコちぐらに入りっぱなしで動きません。もうおばあさまですので)

・おとうは「雪が降ったらニャニゴに雪を存分に見せてやる!」と息巻いてるらしい。(雪の中に放り投げる気か?)そのせいか?殺気を感じてニャニゴは今のところあまりおとうにはなついてないらしい。


「いや~若いネコはよく遊ぶねぇ。というわけで大丈夫だよ~。」
とのことで安心した。
遊んでくれる人がいてよかったねぇ。
(アタシは過剰労働と病気のせいで奴を放任しすぎた…)
しかしトラバカはアカンて。確かにニャニゴは馬鹿やけどさぁ~。

ちなみにアタシは相変わらず寝っぱなしです。
でも食欲は戻ってきた感があります。ちゃんと食べてます。よしよし。
(あんまり体重は変わらないけど)

今日のノラネコ:勝手に「ライオン」と名付けました。
20061031.jpg
きれいな茶トラ。(影は相方はん)
スポンサーサイト