そーいえば、しっかりと飼い猫ニャニゴの紹介をしていない、と気付いた。
(あ、別にいらん?まぁ~ええやん)

■簡単なプロフィール
年齢:今月で5歳(アタシとは約4年半!の付き合いか。けっこう長いな…)

性別:オス。しかし飼い主の都合上去勢済み。

生まれ:兵庫県淡路島。雑種。めっちゃ関西ネコです。(どこが?)

出会い:いつの間にか近くにちょろちょろおった。
前は別の飼い主(男)もいたが、屈折的愛情を受けまくり(分かるヒトは笑)、ニャニゴ自ら家出。で、ちゃっかり猫好きのアタシへすりよってきおった。

性格:飼い主に似ず非常におとなしい。内向的。でも人好き。トイレ(大)をする前だけ大騒ぎをする。
猫が弱いと言われる柑橘系の匂いにはまったく動じない。(淡路島生まれだからか?)
厳しいしつけのため、人間の食べ物には全く興味ナシ。ドライフードオンリー。
夜行性にも関わらず、夜はぐっすり寝る。しかし飼い主が起きるまで寝てる。

■これまでの経緯
はじめは飼い主おらず、バッタまで食べるというひもじい思いをする。
しかし飼い主定まると、淡路島なので車・ヒトも少なく、外ネコで自由気ままな田舎生活。
 ↓
成人したら非常に喧嘩に弱く、ボロボロになって負けて帰ってくる。
こりゃネコ社会じゃあかんわ、なのに繁殖期の声だけ人一倍ウルさくて寝れんわボケ!と獣医に連行され去勢される。
 ↓
飼い主就職のため東京へ行くことに。
「東京一緒に行くか?車多いから部屋飼いやけど。」と聞いたら「ニャ!」と自ら進んで答えたため車で上京。
しかし、実は淡路島→東京に着く間、車の中ではニャニゴをきちゅーがそのまま引き取るか、横浜の友人宅へ譲るか、かなりのもんちゃくあり。
静岡真ん中あたりできちゅーが正式に今まで通り飼う事が決まる。
(東京半年ちょっとは会社の寮住まいだったため、しばらく小田原ねこまた家滞在等あり)
 ↓
飼い主ペットOKの物件に移り住み、同居生活。性格上部屋飼い全く問題なし。
しかし仕事が激務のため、飼い主は留守多し。
飼い主は妹が近くに住んでるのをいいことに世話を押し付け、長時間労働、1泊、2泊3日出張続くのなんざまだ軽い、1週間出張で留守等、仕事しまくり。
なので飼い主の稼ぎは良く、エサはフランス製の無添加最高級品を与えられ、給料日には新しいおもちゃが買い与えられるという今までにない待遇。
 ↓
飼い主、うつ病のため倒れ、自宅療養開始。
これ幸いと飼い主にベタベタしまくり、あたしゃ犬飼ったんじゃないわい!と半分ウザがられる。
エサは安い国産に変更される。
飼い主より「動物療法は中~重度のうつ病には効かん」と判断された上、体調も悪いせいで遊んでもらえない日々が続く。しかもブログのネタにされ、散々な目に遭う。
 ↓
現在飼い主の体調がだんだんよくなったため、よりベタベタ度が増す。
遊んでくれること多くなるが、誤って引っかき傷をつけてしまいよくたたかれることも多い。
ヒザの上に乗るたびに「骨盤が歪む!」と言われ降ろされる。が、負けない。
キャットタワーを与えられるもヒザの上にいること多し。
エサはまだ国産のまま。但し低レベルものよりは脱却。(ただ、本人エサの変化をあまり分かっていない)

20060429(1)
ネコの鼻アップはかわいくないな、犬と違って。。。

ちなみに、猫の年齢5歳=人間年齢で36歳!だそうです。
(一年目で20歳、2年目で24歳、その後一年=+4歳らしい。)
いつの間にかアンタ、あたしより年上になっちゃって…。
でも猫の老化は7年目からだそうですからまだまだ若い。
20060429(2)

背中にオトコの年輪が刻まれてシブくなって…ないな。子どもの頃より色が濃くなって模様がよう分からんようになった。
耳ボロボロなのは昔喧嘩でヤラれた名残です。あなた、昔は片手に乗るくらいかわいかったのよ…

20060429(3)
「キャー!助けてー!」こんなことされてもヒザから降りない。めげない。重い…

以上。
(今もヒザの上でちゃっかり寝ております)
スポンサーサイト