このブログでは、うつ病でもがいているアタシのアホな行動や、不可解な行動もけっこうキワどく正直に書いていると思う。
私の身内もこのブログを見ているのを分かってのことです。
(ちなみに妹は「あんたはあちこち電話かけて何なんだ、さみしんぼうか?」と言っております。…別にさみしくはない。)

ホントは心配させないように、あんまりどうしょうもないバカ行動は書かないのが普通なんでしょう…がっ、 あえてアタシは書きます。

なぜか?(うちのおとうの口癖や~笑)
それは、今の状況を正確に伝えるとかいうよりも、
うつ病が治った時に、
「あぁ、あんなこと~こんなこと~あ~った~よね~♪」と思えるように、
そしてうつ病に悩んでいる、そしてこれから悩むだろう人に少しでもデータとして使えるようにと思ってのことなのです。(役に立つかどうかはナゾ)

実際、相方さんの話では、今のアタシを見ていると、昔自分がうつ病で苦しんだ時期に歩んだ道のりそのまま(ココロの変化含め)のことをアタシはやってるそうですわ。

しかし。
実の話、母親はかなり心配してて(そりゃそうやわな)、昨日の私のブログを見て、今日「山形いのちの電話」に「娘をどうしたらいいんでしょうねぇ…」と涙ながらに相談したそうだ(親子で「いのちの電話」に相談って…笑)。
ちなみに「山形いのちの電話」は一発でかかったそうだ。さすが人口少なっ…。

いや~アホ娘のために悩ませてしまって悪いねぇ。てへ。
相談員さんからは「しょっちゅう連絡してあげて下さい」などと言われたらしいが、うつ病になってからもう充分しょっちゅう電話もらってますがな。

ま、身内をはじめ友人の方々、今までの通りあたたかく見守ってて下さい。
これでも前よりはよくなってきてますので。4月になってもよろぴく♪

今日のニャニゴ3連発:何かいるのかこの部屋に…?
20060331(1)

おお?
20060331(2)

ほぉ…
20060331(3)
そうきたか…(正解は、単に揺れてる電気のヒモを見ているだけ)
スポンサーサイト