4月末に市役所の福祉課から「新しい障害者手帳ができたので取りに来てちょうだいね」ハガキが来た。
2/11ブログ「手帳更新」で手続きしたものである。

ハガキと古い手帳を持って、市役所で新しい手帳と交換~。
ら、アララ。
緑色のビニールケースに入って、たいそうリッパになってるではないか。

↓コレが表。
20110506_1.jpg

↓そしてコチラが裏。
20110506_2.jpg
中には住所や備考が書いてある。

ちなみに古い手帳はこんな紙の感じでした。(中に顔写真が貼ってある。)
20110506_3.jpg

よう見ると、交付年月日が一番最初に障害者手帳をもらった日付になってる。
いつから「障害者」になったのが分かるではないかい。(別にいいけど。)

そんで…アレ?障害者等級が「2級」になっとる。。。
前は3級だったよーな気がしたんだが??古い手帳を返してしまったのでちょっと分からないなー。
障害年金もらうようになったから、等級がレベルアップ(?)したんかなー?

手帳のメリット(優遇措置)についてはコチラ↓
参考:東京都福祉保険局「精神障害者保険福祉手帳http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/nichijo/s_techou.html
メリットの中身は各都道府県によって違うので(特に公営施設の入場料等)、詳しくは市町村の福祉課で聞いてください。

他の都道府県の手帳てどんな感じなんか見てみたいわー。

今日のててこ:んがが~ねむっ。
20110506_4.jpg
スポンサーサイト
2011.02.23 手帳更新
今日は障害者手帳の更新手続きに、自転車で市役所まで行ってきた。

手帳は前に東京都で申請&交付されたものをそのまま使っている。
山形県に転入したとき、本当は山形県に再交付の手続きをしなけりゃいけなかったのだろうが、山形のようなイナカでは手帳が役に立つ機会なんぞ映画を障害者割引で見るときだけである。
面倒&診断書が必要と言われると金もかかるので、そのまま東京都のを持っていたのであった。

ちなみに東京都発行の障害者手帳でも、山形の映画館で全く問題なく使えた。
日本国内の障害者手帳であれば、日本全国の映画館で同じ対応だと思う。

しかし、アタシの手帳の期限が4月末で切れる。(ちなみに、期限の3ヶ月前から更新の手続きができる。)
映画館のチケット売り場の人は、たいてい手帳の表紙を見せただけで割引してくれる。
だが、ごくたま~に手帳を開いてしっかりチェックする人もいる。
中に顔写真が貼ってあるので、本人かどうかを確認しているんだろう。
もしかしたら、手帳の期限もチェックしている可能性もなきにしもあらず…。
それと、東京では都営地下鉄やバスなど公共交通機関の割引があったりと手帳を持つメリットが多い。
多少面倒でも、更新手続きをするメリットは十分にある。

先月の転入の際、自立支援制度の転入手続きををした時に、福祉課のおばちゃんが気を利かせて手帳更新に必要な書類と必要なもの一式表を渡してくれた。
アタシは現在、微々たるものだが障害年金をもらっているので、今回の更新では、この年金証書のコピーがあるだけで医師の診断書はいらないという。
なかなか便利~。

新しい手帳ができたら、書類と一緒に持参した官製はがきで通知してくれる
&それを役所に持っていって古い手帳と交換する手順は前と同じ。
「新しい手帳もらうまでどのくらい(の時間)かかりますかねー?」
と聞いたら、
「年金の照合もしなきゃならないので、2ヶ月から…うーん、もしかしたら2ヶ月半以上かかるかもしれませんねぇ。」
とのこと。
ヲイヲイ、あんまり遅いと手持ちの手帳の期限が切れてしまうでないかい。
「えっ、そんなにかかるんでしたっけ?」
と再度問いたら、
「ええ、年金の照合がありますからねぇー。」
と繰り返された。

社会保険庁て、ネットがつながらない世界の果てにあるのだろうか。。。

今日のてるちゃん:下からのアップ。
20110223.jpg
この猫はカメラを嫌がらなくて大変よろしおす。
ネットニュースで初めて知ったのだが、「障害者白書」なるものがあるらしい。
それによると、2005年には精神障害者がナント300万人を突破!したそうです。
詳しくはYahooニュース(←クリック!)(※2013年現在リンク先ありません)

えええ!山形県の人口よりかなり多いやん!
(ちなみにH19年3月1日現在の山形県の人口=1,205,053人…きちんと調べてみたら、思ってた以上にかなり少ない…おおお故郷よ大丈夫か?)

ほー。精神障害者って結構多いんやなぁ~。

というか、昔は「気のせい」だの「根性がない」だの言われていた症状が、きちんと「脳の分泌物異常の病気」として認識され始めたためではないかなぁ。

あと、心療内科が増えた、精神科の敷居が低くなったからかな?
と、個人的には思います。


今日は2つのことをしました。

①源一郎(仮名)クリニックに行った。
→1ヶ月ぶり!2週間前はぶっ倒れて行けなかったんだった。
  が、今回は薬を減らす方向に!
  といってもルボックス(抗うつ剤)3錠→2錠ですが。
  でも回復基調ということで、イエイ!

②auショップに行った。
→「障害者手帳」を持つと、携帯電話の料金が割引になる制度が各社あるようですよ~!

各社共通らしく、基本料金・通話料が50%オフになるらしい!これはデカいよ奥さん!

で、調べてみた。
■au→スマイルハート割引(←詳しくはクリック!)

ついでに他社も。
■ドコモ→ハーティ割引(←詳しくはクリック!)

■ソフトバンク→名前分からん!HPで見つけられん!ここ一番不親切や(怒)
        しかし一応割引制度はあるらしい。


まず、auお客さまセンターへ電話して聞いてみた。
そしたら、「auショップでお手続きできま~す。」とのこと…。

なんで電話会社やのに電話やネット、または郵送で手続きできんのか!!
まぁ、手帳を実際に確認せなあかん作業があるのは分かるが…。
身体障害者やったら大変やろうなぁ。
(あ、ドコモは郵送手続きできるらしい。くそっ、なんか悔しい。)

で、仕方ないのでクリニックの帰り道、auショップへ行った。
といっても行ったのはトヨタの自動車販売店!

というのは、以前に、同じau仲間の相方はんに聞いて初めて知ったのだが、トヨタはau(KDDI)に資本出資してるので、トヨタの販売店にauショップがあるのだそうだ。
「ワシはいつもトヨタの店で機種変更してる!人ごみでごちゃごちゃしてなくて大変快適や!」
という。

『車はホンダ派』のアタシはちっとも知らなんだー。
量販店やフツーのauショップで、いっつもイライラしながら機種変してたアタシって一体…。

で、今回初めてトヨタのお店に行った…ら、ほんとにあった…。

「auショップ」というより、ひっそーり角でケータイの露店を開いてるような雰囲気…。
おっちゃんが一人、ヒマそうに扇子をあおいでいた。。。

トヨタ車の横を通りながらカウンターへ近づいていって、
「障害者の割引があるって聞いたんで、その手続きしたいんですけど~…。」
と切り出した。
らっ、アタシは久々のお客らしく、おっちゃんの顔がパッと明るく輝いた(ような気がした)。

「ええ、スマイルハート割引のことですね~。」
と、パンフレットを開きながらすごく親切に説明してくれた。
おおお~。と思ったが、事前の電話で他の割引サービスが受けらなくなる、と聞いていたので、先月のケータイ明細書を取り出して、スマイルハート割引と今の割引、どっちがお得か聞いてみた。
そしたらおっちゃん、張り切って電卓を取り出して、細かく計算してくれました。

で、結果。
 「今のままの方がお得。」

(↓auでない方は飛ばしてください…)
詳しく説明しますと、アタシは「2年間絶対に他社へ行かない」という『MY割』に入ってて、アタシの場合基本料金がすでに42,5%割引になってるんです。
『MY割』って解約する場合、手数料がナント税込9,975円もとられる。
で、「スマイルハート割引」に切り替えると、MY割を解約しなければならない。
計算した結果、切り替えると3,000円強ほど損をする、ということが判明。

「来年の6月1日にスマイルハート割引にしますと、そちらのほうがお得になりますから、1年後手続きなさったほうがよいですよ。」
と、丁寧~に教えてくれました。

手帳の期限は2年間。うむ、そうか。
では1年後また来るとしよう。
といいつつ、最新機種をしっかり見て帰ってきました。
ついでに夏の最新機種が出る時期を聞いてきた。
今度機種変するときはトヨタへ行こう~。

今回は手帳の威力(?)は使えませんでしたが、手帳を持っている皆さんで障害者割引を知らなかった方は、一度それぞれ各社に問い合わせてみてはいかがでしょ?

あと、「アタシの症状で手帳なんて…。」云々て思ってる方!
ダメモトで申請してみたらいかが?せっかく病気になったんだし!(笑)

今日の黒吉:絶対ヒトだと思ってる。
20070615.jpg
ちなみにこのカーミットさんの名前は「そばげろ」さんといいます。
触るとそばがらが入ってるような音がするから。その感触がいいのか?
精神障害者保健福祉手帳を手にするのに「ご来所下さい」=「取りに来い」とあったので、
わざわーざ取りに行ったど!!

しかし、今日は昼寝しすぎた!
保健センターに着いたのが午後5時03分!ぎゃっ!

玄関の「本日の業務は終了しました」看板を無視して侵入し、「地域保健課」のある3階へダッシュ!
(だって自動ドアは開いたんやもん)

…なんとか間に合った。
別に窓口の人に嫌な顔もされなかった。

で、「はい」とあっさりもらったのがこれ。↓
20070613(1)
タテ9センチ、ヨコ6センチというコンパクトサイズです。

中身は障害者等級(アタシは3級に認定)、顔写真、手帳番号、住所、氏名、生年月日、性別が書いてあるだけ。
シンプル~。

ちなみに『3級』=『精神障害があって日常生活又は社会生活に一定の制限を受ける』レベル?らしい。
自治体によって、認定基準がちょっとずつ違うらしいですが。

…アレ?緑か水色のついたカバーをくれるって、何かで見たんやけど…?
それと、都営交通がタダ乗りできるっていう肝心の「都営交通乗車証」がない。
それと、いろいろ利点があるはずなんやけど、なんの説明もなかった。

ネットで調べてみた。
クリック↓(PDFファイルです~。)
東京都「あなたは知っていますか?この制度!精神障害者保健福祉手帳制度」
(※2013年現在、リンク先はありません。)

これは詳しいわ~。
つーか、「知っていますか?」やなくて知らせろや!!

しかしよく見ると、所得税や住民税、自動車税など税金が優遇されるとか、都営施設がタダで入れるとか、けっこう優遇制度充実してるやん♪
携帯電話の基本料金も割引!?
NTTの番号案内もタダや!

ちなみに映画が1000円で観られます♪
しかもこれ、「介護者」1人まで優遇受けられます。
これは全国のほとんどの映画館で共通らしいです。
(あっ、ポルノとかは知らんで~。)

そして、知ったこと…。
「都営交通乗車証」はまた別に窓口で申請が必要らしい。
しかも、申請に1000円かかるとか。
なんでカネとんねん!(怒)

めんどくさいー。でもこれは頑張る…。
タダのためならエンヤコーラ。

今日の黒吉;チビでも威嚇はいっちょまえ。(自分にしてどーする)
20070613(2)
自立支援医療受給申請書と共に提出した精神障害者手帳交付申請書…。

(詳しくは、3/26ブログ「自立支援&障害者手帳手続きその1」←クリック)

通りました!イエーイ!!
これで晴れて(?)障害者だー!

ちなみに手帳の正式名称は、『精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第45条に基づく精神障害者保険福祉手帳』です。
…だから長いってば。

同時に申請した自立支援医療の件とは別の文書で届いた。(同じ日だったが)
コレ↓
20070612(1).jpg
ふっつーのザラ紙。エコかなエコ。

…んで、文面をよく読むと、
「ご来所下さい」=「取りに来い。」と書いてある!

書類を提出した時にも
「申請が通った場合、こちらまで取りに来ていただきますので。」
って言われたけどさー。
思わず「えっ?」って言っちゃったよ~。
こっちはあくまで「障害者」だよ?
書留とか郵送の手段ではアカン理由があるのかいな?
(代理人でもよろしいらしいが代理人立てられない人はどうするのか?)

ぶっちゃけ、めんどくせー!!!

でも、東京都では「障害者手帳」を持つと
都営地下鉄・都バス・都電がタダ!になります!!

これはうれしいいいぃ!!
はっきり言って、このために申請したといってもいいくらいだ!(爆)

ので、明日取りに行ってきます♪

しかし、使う交通手段はJR…(普通の運賃取られます 泣)。

今日の黒吉:このカーミットヌイグルミが超お気に入ったようで。
20070612(2)