2007.04.27 裏目に出た
例の健保組合とのゴタゴタの件ですが、簡単にこれまでの経緯を書きますと、

アタシは、会社規定の「1年3ヶ月傷病休職期間」が終了したので、平成19年4月4日付で『退職』した。
で、身分はフリーな『アルバイト』として再雇用。
それと同時に会社の健保から国民健康保険へ移行。
  ↓
健保組合から支給される「傷病手当金」は最大1年6ヶ月もらえるので、平成19年6月7日まで受け取れるはずだった。
  ↓
健保組合から、
「平成19年3月7日まで支給、その後は支給される資格がなくなった」
といわれる。

なぜならアタシが「国民健康保険に入ったから。」という理由。
(これは口頭で言われました。)

しかし、アタシが納得いかないのは、
健保組合が「退職しても『社保』を『任意継続』していたら傷病手当金はもらえる」という説明を全くしなかったこと
なのです。
しかも、会社の総務が3回も確認したのに!
です。

かとんさんからのアドバイスで、
「さかのぼって社保に『任意継続』する。」
というところで攻めてみましたが、
「傷病手当金目当てにさかのぼって加入するのはダメ~。」
とのこと。(これも口頭で言われた)

仕方がないので、うちの会社の総務のTさんが最終手段で行ったことは、
「アタシが『アルバイト』として継続雇用したので、それを理由にさかのぼって社保に任意継続できないか?」
と問い合わせた。

そしたら今度は文書で、

傷病手当金を受給する要件として「資格喪失後も継続して労務不能である場合」には支給されます。しかし、この継続給付の要件として「資格喪失後継続して傷病手当金を受給している場合に、保険診療を受けていても一旦稼動して傷病手当金が不支給となった場合には、完全治癒であると否とを問わず、その後更に労務不能となっても傷病手当金の支給は復活されない」(厚生省保険局昭和26年5月1日保文発第1346号通知)とされております。

ときた。

簡単に言うと、
 「『アルバイト』=『働ける』ってことでしょ。だからアンタの傷病手当金をもらえる権利(受給権)は、はいっ、消えた~。」
というわけです。

…うーむ、確かにそうなんだよな…。
総務のTさんの行動が明らかに裏目に出た…。

しかしっ!
口頭での理由と文書での理由が違うやんけ!!
健保組合が「ちゃんと理由を説明しなかった」ことを隠すために、つじつまをあわせるたととられてもおかしないで!

そこが納得いかん!
というわけで昨日「東京社会保険事務局」に電話したわけです。

そしたら、担当のYさん曰く、
「うーん、うちは傷病手当金の不支給の理由に納得がいかない場合に『審査』する場所であって、『口頭と文書での理由が違う』という健保組合の行動を審査する場所ではないんですよね…。」
とな!

半ばキレ気味で
「じゃあ、どうしたらいいんですかっ!?裁判でも起こせばいいんですかっ!?」
とつっかかったところ(アタシは元々ケンカっぱやい…イカンなぁ)、
「うーん、会社の総務と健保組合がどうやりとりしたかを、できれば時系列的に調べて、もう一度健保組合になぜ不支給にしたか理由を聞いてみる、としかこちらでは言えませんね…。」
「えっ、それアタシが!?」
「うーん、申し訳ないですが、そうですねぇ…。」
と…。

…国も助けてくれない。
なんか疲れてきた。

つーか、長い目で考えてみれば、「任意継続」で高い保険料を健保組合に払って1ヶ月ちょっとの傷病手当金をもらうより、去年の休職中のアタシの所得で計算された「国民健康保険料」を払った方がおトクかもなぁ…。

というわけでこの話、あきらめるかもしれません。
かとんさんいろいろすいません。
健保組合にはねちねちイヤミを言いたいけれど。

ちなみに、「傷病手当金」は平成19年4月1日に改正されまして、
『会社を退職して「任意継続被保険者」になった場合の傷病手当金制度は廃止』されました。
改悪や~。

しかし、アタシの場合は、
『改正前に1年以上被保険者であったこと、退職してもその権利は失わない』
という健康保険法第102条の規定でゴタゴタしてるわけです。

ちなみに改正していいこともあります。
傷病手当金の給付額が、これまでは標準報酬日額の6割でしたが、4月以降は「標準報酬日額の3分の2相当額」へ引き上げられます。
つまりボーナス分も反映するのです!
ちぇっ、いいな~。

今日のニャニゴ画像:毛布大好き~。
20070427.jpg
ニャニゴを預けてる山形では桜が満開だそうで…。
スポンサーサイト
結局、今日は会社には行きませんでした。
起きた時点で雨、寒い、頭イタイの3重苦(?)。
復職して間もないので飛ばすのはやめよう、ということで。
しっかし連日雨が続きますなぁ~。八重桜がかわいそう。

1日中寝てましたが、昼間にちょこっと起きて、電話をしました。
電話先は、区役所の「国保年金課国保係」。

会社の規定の病気休職期間(1年3ヶ月)終了とともに会社を退職した形をとり(で、今はバイト身分)、それと同時に国民健康保険に加入したわけですが、その保険料支払い用紙がさっそく届きました。
で、見たら振込み期日が5月1日までとな。おぉ。

実は、例の健康保険組合の件で(詳しくは4/12「もらえない2その後」←クリック!)まだゴタゴタが続いております。


こないだ会社に行ったら、総務のTさんからすまなそうな顔でまた商談コーナーに呼ばれた。
「きちゅーさん、向こう(会社が加入している健保組合)は『さかのぼって任意継続はできない。規定は規定だからダメです。』の一点張りなんだよね~(困)。」
と。

くっそ~使えん健保の奴め~氏ね!と内心思いながら、
「いや、そもそも向こうが『任意継続しなければ手当金はもらえない』とちゃんと伝えなかった説明ミスから始まった話じゃないですか。アタシは納得できないですよ。
もしもらえないとかなったら、こっちはそれ相応の機関や役所に相談なり訴えます、って伝えてくださいっ!」
と、かとんさんばりに(笑)強気に出た。

総務のTさんにまた健保組合に電話をかけてもらったが、「ダメ」の一点張りを続けてるらしく、全っ然話が進まない模様…。

その時にふと思い出したのが「不支給のお知らせ」という用紙。

傷害手当金が支払われると、その後自宅に「保険給付決定支払通知書」というのが届くのです。
が、それと同時に「不支給のお知らせ」というのも入ってきてた。

それはなんなのかというと、アタシの場合、
「アナタは休職してるけど、会社から『住宅手当金』をもらってますね~。それは『会社からの報酬』になるんですよぉ~。その分の金額は傷害手当金から引いて支給しましたからヨロシクね~。」
と書いてある。(当たり前ですが、ホントはもっと固い文で書いてあります。)
読むたびに、「ちっ、ケチぃ。」くらいにしか思ってなかったが。

その紙をよく見たら、
 「不支給の理由に不服がある場合は、社会保険事務所にいる社会保険審査員という人に審査請求してみてね♪」
と書いてある部分があった。
(当たり前ですが、ホントはもっと固い文で書いてあります。) 

総務のTさんと相談して、すでに健保組合に提出している傷害手当金支払請求書をとりあえずいったん受理してもらって、「不支給のお知らせ」の紙に健保組合からその理由(退職して組合を抜けたからとかなんとか)を書いてもらって、その後、社会保険事務所に審査を請求することにしました。

っていうか、健保組合も「そーゆー方法で対処してくれ」とかなんとか言えよな…。

「僕もよく仕組みが分からなくて、健保組合が言うままに「ハイハイ」って聞いてたのも悪かった…ほんとうにゴメンね。。。」
と、総務のTさんは頭下げっぱなし。
アタシと健保組合の板ばさみで憔悴してる模様(笑)。

うーん、でも健保組合は専門機関なんやから仕組みをちゃんと知って、きちんと説明をする義務があったと思う。
しかもうちの会社の総務Tさんは事前に健保組合に聞いてるわけだから、Tさんは悪くないのでは…。


国保担当者の方にこんな込み入ったゴタゴタのワケを話すと、あっさり
「そういったご事情がありましたら、こうして事前にお話を承りましたのでご心配なく~。
もし国保に加入ということが決定しましたら、期限を過ぎましても、お送りした用紙で保険料の振込みはできますので~。」
とのこと。

「あのぅ、2週間おきに医者に行ってるんですが、その間はどうしたらいいですかー?」
と聞いたら、
「その間はもちろん国保を利用していただいて大丈夫ですよ~。
もし、『さかのぼって社保を任意継続』になりましたら、こちらに届け出る必要はありません~。かかった病院さんに言っていただければよろしいです~。
そういったケースはけっこう多いので、病院の事務の皆さんは手続きには慣れていらっしゃるようですからご心配ありませんよ~♪」
ということでした。

役人の方がかなり親切&融通が利くやんけ!!

中途ハンパに役人ヅラした健保組合の奴らの方が使えんわ!まったく!(怒)

今日のネコ画像:今日はちょっとカタい話だったので、久しぶりにニャニゴの写真でお和み下さい。
20070418.jpg
何を誘ってる?(笑)
今日は会社休んでしまいました…。
うつうつが止まらない(泣)。昨日の傷病手当金の件で、かなり心理的ショックを受けてしまったらしい。

薬飲んで、ぐだぐだ寝て、やっと午後になってカラダが動くようになったので、PCあけたら、うちの会社と同じ健保組合に加入している別会社で働いていた「かとんさん」からメールがっ!(嬉)

かとんさんの話では、今、国民健康保険に加入していたら傷病手当の給付が止まってしまうそうです。

アタシは退職後、国民健康保険に切り替えました(爆)。
でも、それで傷病手当金の給付が止まる、とは聞いていない!

しかも、この件ではうちの総務のTさんが健保組合に3回も確認している!

これは明らかに健保組合の説明ミスだ!!

さらに、かとんさんの話だと、うちの健保組合の傷病手当金担当のおばちゃんは、ウルさそうで融通きかないババァだそうです。(笑)

しかし生活がかかってるのでこちらは「融通が利かないなぁ~アハハ」などと笑っているバアイではないのだ!

でも、健保組合で社会保険を「任意継続」にしていれば、 元の最長1年6ヶ月までの期間(残りの期間)だから、給付が受けれるハズ、とのこと。

「非常に手間かかるかもしれませんが、 組合と、役所にしかるべき適切に交渉して、 3/7にさかのぼって国民健康保険でなく、 組合の「任意継続」に変更してもらう手段を得るのはいかがでしょうか。」
とな。

おお! そんな奥の手があるのか!

「ただし、「任意継続」は、これまでの自己負担分の健康保険料の2倍は自分で払う必要があります (会社負担分も自分で出すということ)。」

いやいや、2倍出してもおつりはデカいよ~。

「健保組合が説明義務が不足だったってことで。 ハッタリかまして、『最悪、労務士と弁護士に相談すると本人が言っている』と総務のTさんに脅してもらいましょう。」

そうしましょう♪
かとんさん、ありがとうございます。心が軽くなりました。
とりあえず、やれることはやってみよう。


ちなみに、4/1から、その「任意継続」の人も、傷病手当金は貰えなくなったそうです。これは法律改正です。(改悪だ!)

ただし、アタシのように、 今年の4/1より前に普通の社会保険に加入していたときに傷病手当金をもらっていて、 そのうえ、3/31までに任意継続に変更された人は、4/1以後でももらえます。


それにしてもホントにお金のことはメンドクサイし、心理的にものすごい負担がかかる…。
この病気にはとてもツライことです(泣)。

今日のニャニゴ画像(再掲載):まだ山形は桜は咲いてないかな?
20070412.jpg
東京じゃ八重咲きが咲き始めていますわ~。でも毎日雨orくもり。
2007.04.11 もらえない2
火・木・土と1日おきに(週3日)会社にいっている今現在ですが、今日はアタシが参加している(させられている!?)プロジェクト会議がある日。

あまり体調のよくない中、仕方なーく薬飲み飲み会社に行きました。

そもそもメンバーがいろんな部署の人が集まっているので、みんなの日程がなかなか合わず、月2回くらい開くのがやっとの会議なので、決まった日程でガマンするのはみんな一緒。

うちの上司も参加しているのですが、彼は普段激務な上に、元々水曜日は休みの日なのに参加しているので、それに比べたらアタシのレベルじゃ~まぁそんなに文句は言えないよなぁ。

ま、会議の時間に間に合えばいいやぁと、始まる1時間前に会社に行って資料に目を通してたら、
「きちゅーさん、きちゅーさん!」
と、総務のTさんが横からひそひそと呼ぶ声が。

あー社会保険料の支払い催促かぁ?
(正社員の時の分約3万円が実はまだ未払い…。)

「うう、Tさん…その件だったら今月のバイト代から引いて…(泣)」
と言ったら、
「あ、それは別に、というかあんまり遅くならなければいいんだけど…」
と言われ、いきなり商談コーナーの隅っこに呼ばれて、
「いやー、きちゅーさん、ごめんなさい!」
とな。

は?なんや~?と思ったら、Tさんが、
「実は健保組合から、きちゅーさんの傷病手当金の支払い、3月7日分で終わりだって言われてさぁー。」

なぬー!!
規定では傷病手当金は1年6ヶ月もらえるはずだどー!!

アタシはおととしの12月4日から休職しているので、今年の6月7日までもらえるという話ではなかったのか!!

「…ってこっちも食い下がったんだけどさぁ、3月4日で会社辞めてるからダメだっていうんだよね。そこんところが意味が分からないんだけど。
でも事前に3回も健保組合に確認してたのにそう言うからこっちも怒ったんだけどね。」
と総務のTさん。

「ええぇ~。なんとかできませんかー?」
と言ったら、
「今、バイトだけどうちで働いてるからなんとかならないか、ってもう一度食い下がってみるわ。
でも、なんかこの調子だと難しいかも…。もらえたらラッキーぐらいに思っておいて。…ごめんね。」

…総務のTさん、がんばって。

もう週3回出勤などと言ってられないわー(T_T)
生活のために毎日出勤することにします。

と言ったら、相方はんが、
「まだ病気が治ってないからまた倒れるで。」
と一言。

じゃーどうしたらいいねーん!!
くっそー健保組合めー。意味分かんね~(怒)。

今日のカーミット:名前は「親方」です。一緒に寝ています。ていうか狭いわ!
20070411.jpg
あ、ちなみに相方はんとは別室で寝てます。起きる時間帯が違いすぎるので。
2007.03.29 もらえない。
正社員→バイトとなり、実質的には会社を「辞めた」ことになるので、失業手当金がもらえるかなぁ…と思って、今週始めにハローワークに行ったら、
「離職票をもらってください。」と。

なんや?会社から受け取った「雇用保険被保険者証」だけじゃアカンのかいな?と思って会社の総務に問い合わせたら、
「6ヶ月間給与が出ていないので、離職票は発行できない。」
んだそうな。

実際は、アタシが休職してた間、会社が支給していたのは住宅手当だけやったしね。

通常は、退職日からさかのぼって6ヶ月間の給与平均で失業手当が支給されるそうな。

ということで、1年3ヶ月も休職していたアタシは失業保険はもらえましぇん(T_T)

雇用保険を払ってたのはなんのためなんじゃー!(怒)
だったら休職した時点でバイトになってりゃよかった…。
(そうなると、傷害手当はどうなるのかは不明だが…)

ていうより、この病気、こんなに長引くとは計算違いやったわ。

まぁぁ、もらえればラッキーくらいだからいいけどさ。
(ホントはバイトしてたら失業保険はもらってはいけません。でも世の中もらってる人いっぱい知ってるぞ!)

今日のネコ公園:引きこもってる間に桜が満開に…。(ネコには会えなかったが)
20070329.jpg