2017.12.26 ビプレッソ
ビプレッソという、躁うつ病治療薬が認可されたそうな。
今年の秋の話ですが。

通勤途中にスマホでフツーにニュースアプリ見てるだけですが、うつ病や躁うつ病関連のニュースて結構あるような。
当事者であるが故に目に付きやすいのかどーかは分かりませんが。

上記の薬はググってみると、すでにいろいろ詳しいことがたくさん載っています。
躁がキツイ人に効き目があるようです。
ただ、躁状態って一番薬飲みたがらない時だよね~…。

眠気や体重増加が副作用であるらしいです。
薬の眠気ってなんとかならんもんでしょーかね。眠気って全てのヤル気をなくすしね。
そう考えると「眠くならない風邪薬」ってすごいのかも。

私は今のところラミクタールとエビリファイて落ち着いているので、今回の新薬を試すことは多分ないでしょう。
が、いろんな角度からアプローチできる薬の種類が増えるのは良いことです。

少しでも多くの患者さんと周りの人が、病の苦しみから解放されますよーに。

今日のみみこ&小太郎:姪っ子ひーからクリスマスカードが届きました。

みみこが邪魔…
スポンサーサイト
2017.08.28 減薬
私は1日1回、ラミクタール100mgを2錠とエビリファイ3mgを1錠服用しております。

いや、「してました」と過去形にすべきだな。

先週、月に1度の源一郎(仮名)先生のクリニック来訪の日。
先生から、
「かなり、かなーり落ち着いているから、一度、薬を減らしてみましょうか。」
ときた。

うん、まぁ今の状態は全然悪くないし、病状が悪化する環境要因もない。
しかし、今の処方がピッタシカンカンだから、平穏安泰ということもあるし。

「試しにエビリファイ(気分を落ち着かせる)を減らしてみましょう。」

あっ?ラミクタール(波を抑える)じゃなくて、そっちなのね…。

「今は3mgだけど、1mg錠が出たから、それを2錠でやってみましょう。」

なるほど。新しいのが出たから試したいんだな…。

昔、ラミクタールが躁鬱に処方する認可が下りた時も、先生の試したい気マンマンであった。
ま、結果オーライだったからいいんだけどね。

今回は量を減らすだけだから、問題は少ないかな。

というわけで、4~5年ぶり⁉︎くらいの減薬開始でございます。

今日のみみこ&ぽこた:この2匹組もなにかと仲良し。ぽこたがみみこ超大好きなんだけど、みみこもまぁまんざら迷惑ではない感じ。
またまたネットニュースネタで申し訳ありませんが、躁うつの治療薬であるデパケンが脳の若返りに効果があるとゆー研究結果があるそうなんです。

「デパケン 若返り」と検索すると、いろんな記事が出ております。

なんでも、デパケン(ヴァルプロ酸)は脳の働きを幼児期のように「柔らかく」するらしい。
うまーく活用すれば、子ども時代にしか身につかない「絶対音感」などを習得できるかも⁉︎
という内容。

今飲んでいるラミクタールが躁うつ病治療に認可されるまで、長年デパケンを飲んでいた私です。
病状にはイマイチ効き目が薄かったけど、頭は柔らかくなっていたのかな⁉︎(笑)

でも、大人になって頭が「固く」なるのも、人間の進化の一つであって、柔らかくなったからといっていいことばかりではないんだそう。

若返りたいからといって、健常者もみんなデパケンを飲むような未来はちょっと嫌だなぁ。

薬は副作用がつきものだしね。

今日のたぬー&ぽこた:テレビの裏が好き。
2016.10.27 薬の断捨離
この間、風邪を引いた時、久しぶりに救急箱を開けました。

いろいろゴチャゴチャ入っていて、肝心の風邪薬が見つけにくい!

そのゴチャゴチャは薬局の袋で、一番新しいのは3年前の日付。
中を見ると、まぁなんと懐かしい薬が。

デパス、ドグマチール、ハルシオン。
どれも昔はかなりお世話になったものばかりです。

躁うつ病の初期は、胃が痛くて拒食症気味になっていたので、ドグマチールを飲んでいた。

寝付けない&寝ても夢ばかり見てしまうので、デパスとハルシオンを飲んでいた。
今考えたら、強力すぎる組み合わせだな…。
後にハルシオンは、穏やかな睡眠導入剤のマイスリーに変わりましたが。
そのマイスリーさえ飲まなくても、今はストンと眠れております。

症状は回復するもんだな。

というわけで、薬たちはザザッと捨てました。
…転売すると結構高値で売れるらしいけど(笑)。
そんな横流しやっちゃ~ダメっすよ。

今日のみみこ:最近色っぽくなった(笑)。


このあいだ、月に一度の源一郎(仮名)先生のクリニックでの診察を終え、いつもの薬局に寄りますと、
「かかりつけ薬剤師という制度ができまして~」
という話をされた。

かかりつけ薬局ではなく、薬剤師…?
話を聞くと、一人の薬剤師を指名でき、薬の飲み合わせとか管理とかをしてくれ、基本いつでも相談に乗ってくれるらしい。

とはいえ、今飲んでる薬は3種類だけだし、飲み合わせは問題ないってわかってるし、聞きたいことあれば、薬局に寄った時にでも聞けば事足りるしなー。
お年寄りとかにはいい制度とは思うけど。

しかもそのかかりつけ薬剤師にかかるたびに、60~100円程度の費用取られるってゆーし、断ろうしたら、
「きちゅーさんは公費(自立支援制度)でかかられてますし、自己負担0(前年度の所得0なので、今年度は自立支援の自己負担0円)なので、薬剤師を指名されましても費用かかりませんよ。」
と食い下がられたので、まぁじゃあいっかーとお願いすることに。

薬剤師どーやって指名できるのかな?
と思ったら、その日たまたま私の担当だった、若いギャル風の薬剤師がそのままかかりつけになるという。。。
イケメンとか選べないんかよ…。
化粧の濃いギャルに、「よろしくお願いします」と言われても、素直に喜べない(笑)。

しかし来年度からは自己負担発生するし、そうなったらクスリが複雑に増えない限り、かかりつけ薬剤師はおことわりしようかと思う。

ギャルとも3月いっぱいでおさらばだな。

今日のみみこ:シンクの窓に乗るように。

ここに置いてた植物、ことごとくなぎ倒された…。