FC2ブログ
2019.06.19 地震
お久しぶりです!
皆様お元気でしょうか?
私はおかげさまで元気でございます。

さてさて昨夜。
うちの実家近くが震源の地震がありまして。
震度6弱だったそう。

直後におとうに電話したら、ベッド脇に置いてあるテレビがずり落ちただけで、特に被害はなかったとのこと。
これは固定してなかった。

食器棚は、昔私がホムセンに勤めていた頃に(20代…)突っ張り棒をつけたので、全く問題ナシ。
東日本大震災の時も大丈夫だったので、やはり固定大事ね。

ご心配している方もいらっしゃるかな~と思って、近況報告でした!
見てる人いるのかわからんけど。

ちなみに、今までのブログを別視点からまとめて、別媒体に書いていこうかなと考えています。
このブログを休止したのも、その準備の一環です。

しかしまた資格試験の勉強などでなんだかんだと忙しく、もう少し先になりそう…。

それでは~!

今日の若猫:うちの子になってから、6月で3年になりました!

相変わらずやんちゃですよ。
スポンサーサイト



2019.04.03 新年度
お久しぶりです!
新年度、新しい元号も発表されましたね。
会社にも新入社員が入ってきました。
桜も咲きましたよ。

春ですな~。

さてさて、3月まるまるブログ更新しませんでしたが。
あえてお休みしてました。

寛解状態が長くなり、「うつと~」という冠をつけている名前のブログを書き続けるのもどうなのか…

ということを最近考えておりました。

ここいらでちょっと方向転換。
違うスタイルで、好きな文章書きをしてみたいな~という希望もあり。

しばらく、こちらのブログは更新は頻繁にしないかもしれません。
まぁそうでなくとも、最近は月に数回とかでしたがね…。

猫らも元気です!

小太郎もみみこも相変わらずです。
2019.02.07 有意義な投資
この間の週末、歯医者に行ってきましたよ。
一年に一回の定期検診とクリーニングです。

歯の矯正が終わって、もう4~5年くらい?
「シロートの磨き方では虫歯が予防できない歯並び。矯正しないと近い将来に奥歯全てなくす」
と、何件もの歯医者に言われ続けて、30代終わりにようやく始めた矯正。

うちの両親が40代から一部入れ歯を使っていて、あーゆー風にはなりたくないな…とも思っていたし。

田舎暮らしの時に乗っていた車の売却代金を全て突っ込み、それでも足りず、毎週の定期調整代を含めると100万円はかかったと思う。
オトナの歯科矯正は高額なんすよ…

しかし、だいぶお金はかかっても今は本当に矯正やってよかったと思う。
小さい頃から虫歯治療で歯医者に行かない年なんかなかったのに、今じゃ歯医者で褒められる超優等生になりました。
虫歯はもちろん、歯石もほとんどないと、今回も褒められましたぜー!

歯の矯正をするか、全身脱毛するか、はたまた豊胸手術するか(笑)に悩んでいたワタクシ。
歯の矯正を選択した昔の自分エライ!
だって歯は一生使う大切な道具だもの。

でも、今まとまったお金があれば、全身脱毛もしたい野望も捨てられない(笑)。

今日のみみこ:隣にあるのは、ブラッシングで出た抜け毛で作った毛玉。

自分の毛玉すごい好き。






2019.02.04 立春
昨日は節分でした。

スーパーに行ったら、本命の恵方巻きの他にこんなものが。
トルティーヤの恵方巻き。

もはや巻き物ならなんでもアリだな…

我が家も恵方巻きを購入しましたが、デカイのは食べ切れないし食べにくいしで、フツーの中巻きを買いました。
今年の方角の東北東を向かなかったことに、食べた後に気がついた…もうテキトー…。

しかし大豆の炒り豆は年齢キッカリの数食べました。
子どもの頃は「これだけ~?ちぇっ」と思ったもんですが、今じゃ結構な量だよ…。
「そういえば昔、80のおばあちゃんから豆をコッソリ貰ったな~」
と旦那さん。
もはや歯がなくて炒り豆が食べられず、孫に譲ったという…。
歳とるとそういう事も起きてくるのか…。

そして!今日は立春!
(2回目の)新しい年の始まりです!
東洋系のいろんな占いによると、今年は「変化の年」らしい。
変化を意識して、変化を楽しむ!というスタンスが幸運を呼ぶらしいですよ。

この歳になると変化ってメンドクセーとか怖いとか思いがちですが、若い子を見習って、心を柔軟に持っていきたいもんです。

今日の小太郎:キャベツも大きく育ちました。春だね。

旦那さんがプランターで育てました。
2019.01.29 姉の威厳
山形の義理の伯父さんのお葬式で、久しぶりに母方のいとこ全員に会いました。

特に一つ下の従姉妹に会うのは15年ぶりくらい。
実は東京にいるんですけどね。
それでもなかなかねー。

従姉妹は親戚関係の節目節目の集まり(結婚式とか葬式とか法事とか帰省とか)にずっと顔を出せなかった。
理由は双子を産んだから。
妊娠中は切迫流産の危険があるから絶対安静、それからは怒涛の双子育児で行事参加なんてムリムリムリ。

今回、従姉妹はその双子ちゃん(女の子)を連れてきた。
小学四年生。
お揃いの黒ワンピ、ママの真似して並んでお焼香する姿が、隠し撮りしたいほどめっちゃかわええええぇ~!

双子ちゃんから自己紹介を受けたが、さーっぱり見分けがつかない。
従姉妹が「小さい方が姉だよ。超未熟児で生まれてきたから、今も差があるね。」
…て言われても、2人の差なんぞ全く分からない。
まぁ妹の方が大きかったといっても、200グラムしから差はなかったみたい。

こちらが何か聞く前に、双子ちゃんから先制質問。
私と私の妹を見て、
「どっちがお姉ちゃん?」

うちの妹はデカイ。身長は170センチある。
ちなみに私は160センチと平均はあるんだがね…。

「小さいきちゅーちゃんがお姉さんだよ。」
と従姉妹。
しかし、私がそこですかさず、
「小さいけど、足が速くて頭のいい方がお姉ちゃんだよ!」
と付け加えさせていただきました!(笑)
(わたしゃ実際にリレーの選手だったし、成績も妹より優秀でありましたからな!)
姉の威厳てのは身体の大きさで表されるもんではないのだよ(ニヤリ)。

そしたら双子ちゃん姉がニコッとして、
「私の方がなわとびできるー!」
と。

周りから双子に対する一般的な話のつかみとして、「どっちがお姉ちゃん?」て聞かれることが多いんだろう。
ママの口からは「小さい方が~」って、悪気なくある意味ネタのように繰り返されてるんだろう。
しかし、双子ちゃん姉は言われる度にモヤモヤした劣等感を感じているんだと思う。

昔のうちらデコボコ姉妹もおんなじだったんだよなー。
案外子どもは大人の何気ない言葉に傷ついているもんです。

ちなみに何時間か一緒にいたら、双子といえども性格は違うし、見せる表情も違うしで、2人の見分けがつくようになりました。
双子でもそれぞれ自立した個人。当たり前のことなんだけどね。

今日のててこ:くるしゅうない。
2019.01.28 味方
だいぶご無沙汰してました~。
大流行中のインフルにもやられずに元気に過ごしておりますよ。

さて、実は先週、義理の伯父さん(おかんの姉の旦那さん)が亡くなりました。
持病があったとはいえ、特に入院してるとも聞いていなかったのでビックリ。
肺機能が低下して、あれよあれよと亡くなったと。
85歳だったし、寿命といえばそうなのかも。

会社をお休みして山形までお葬式に参列してきました。
ヤッホー雪国だよ。

しかし晴れてて助かった…。

伯母さんは案外元気。
伯母さん夫婦は親が決めた結婚だったので、伯母さんにしてみたら最後まで添い遂げた達成感はあるのかもしれない。
「こんな雪多くて寒い時期にゴメンねぇ~。」
と言われたけれど、こういうことばっかりはしょーがないよね。
(確かに積雪2m近くあったけど。)

さて、義理の伯父さんに関して、一つ忘れられないエピソードがある。

私が最初の旦那と離婚するいきさつを聞いた伯父さん。
「あっちの実家まで殴り込みに行ってやっか!(怒)」
と言ってくれた。
や、止めましたけど。
でも、むちゃくちゃ嬉しかったのを覚えている。

相手の実家は専業農家。
伯父伯母の家も専業農家。
田舎の同業の世界は超狭い。悪いウワサはすぐに広まる。
向こうは長年なかなかに肩身の狭い思いをしてきたことであろう。

遺影に向かって、当時の御礼を言いました。

自分の味方になってくれたことってありがたいし、いつまで経っても忘れないね。

今日のててこ:昼寝。


2019.01.16 6:00
新年、ひとつだけ決めたこと。
それは「朝6:00に起きる」です。

今の会社で働き始めてからは、毎朝6:30に起床。
厳密には、6:30に目覚ましは鳴るが、ベッドの中で往生際悪くグダグダし、実際に起きるのは6:40過ぎ。
そこから洗顔、猫トイレ掃除、朝ごはん、着替えて化粧。
7:25に家を出て、7:32の電車に乗る。
というのが日常。
毎朝分刻みのスケジュールですよ…

流行りの「朝活」というほど肩ひじ張ったことをしたいわけではない。
ただ、朝にもうちょい余裕ができたら、「掃除機かけたい」てのと、「できたら5分でも本を読めたらステキ」てのはある。

朝6:00にアラームをセット。
仕事始めから2週間経過。
実際起きるのは6:15頃。まぁ上出来であろう。
おかげで一階を掃除機かけることはなんとかできてる。
うちはダイソンを使ってるので、取れたゴミが見える。
帰宅してからも掃除機をかけてはいるのだが、毎朝よくこんなに猫毛集まるな…というくらいとれる。
ま、5匹もいるからねぇ…。

しかし5分読書まではまだ時間的に余裕がない。
やはり6:00きっかりにベッドを出ないとダメなのかも。

今年、旧暦を使う風水や東洋系占いでは、2月4日から新年らしいです。
6時起床の本気出すのはその日からにするか。
今はそれまでプレお試し期間ということで。

今日のみみこ:オンザヒーター。



2019.01.11 古本買取結果
前の記事「断捨離」で、本のほとんどを売却したと書きましたが。

今回は、ブックオフオンラインの「宅本便」というのを使いました。
ネットで手続きして、ダンボール箱に梱包さえすれば、送料先方負担で買い取りしてくれるというもの。

本以外にCDやDVD、ゲームも送ることができますが、今回は本とマンガだけ。

昨日、買取結果がメールで来ましたよ。
送付115冊。
値段がついたものは、そのうち60冊。
金額合計は4330円でした。
思っていた以上にいい値段がつきましたな~。

昔、実店舗のブックオフに買取依頼したら、まとめておいくらと言われたものだ。
ネットだと一冊一冊なにがいくらで買い取ったのか、明細を確認できる。
手間感がすごいな。

ほとんどは一冊5円とか数十円しか値段がつかなかったが、「えっこんなものが案外いい値段なんだな」というものがチラホラ。

一番の高値は「大学の日本史」という本。
昔々20代前半に塾講師をしていた頃に買った、ハードカバー本だ。
当時、国公立大を日本史で受験する人は必読と言われていた。
中身は学術書ばりの文体、細かい字ばかりで挿絵なぞ一切ない。
私は日本史で大学受験したわけではないので、人に教えるにあたり一度読んどこうと購入。
しかし、一読して「自分歴史教えるのはムリだな」と早々とあきらめた覚えが。
(一応、中学校教諭免状は持っているんだけどねぇ…)
今でもこの本はバイブル的存在なのかな。
売る前にもう一度読んどけばよかったな…(←高値と分かって今さら惜しく思う奴。)

逆にマンガは思ってたより値段がつかなかった。
売る人が多くて、在庫がダブついているのかもしれない。

ちなみにお値段ゼロのものは、ブックオフで業者依頼で廃棄するそうな。
(返却を選択することもできます。送料は負担しなきゃだけど。)

とにかくヤフオクやメルカリで売るより手間が省けてコリャ便利だった。

次は旦那さんの本を断捨離したい…

今日のぽこた:なぜか椅子を舐めるのが好き。

2019.01.07 断捨離
皆さま明けましておめでとうございます!
新年ブログ更新遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いします!

さて、私は昨日まで10連休でございました。
このくらい休み貰ってもよかろう、ってなくらい、年末は精神的にもキリキリしてましたが。

実家には2泊3日で帰省。
それを引いても7日も休みがある。

しかし!
悲しいかな時間はあっても遊ぶお金はない!
帰省だけで夫婦二人で往復7万円近くはかかるしね…。

というわけで、いつもは見て見ぬふりの家の中を断捨離することに。
とりあえずは私のものを。

10代(!!)から持っていた、懐かしのアニメグッズをまとめてメルカリで売りました。
数十年前のものでも欲しい人っているんだね…。

本やマンガ、CD、DVDはまとめて業者へ。
今の時代、本やCDはメルカリやヤフオクに出品しても、よっぽど需要があるものでない限り、驚くほど売れません。
ダウンロードして読んだり聴いたりする時代ですしね。

今回はブックオフの宅本というサービスを使いました。
ダンボールにまとめてネット上で手続きすれば、佐川が家まで集荷に来てくれる上に着払いで送れる。
お金は指定の銀行口座に振り込まれます。
今回は3箱送りました。
査定金額なんて数百円になれば御の字だと思うけど、ゴミにするよりは気持ちはいいかな。

今集めているマンガ2つと、数年前ヤフオクから購入したまま読んでいない手塚治虫の「ブッダ」以外はほとんど売りました。
服も少しでも「これはあんまり着ないかな」というものは処分。

あまりにもキレイさっぱりモノがなくなったので、旦那さんが「終活⁉︎まさか離婚する準備なのっ⁉︎」と心配するほど(笑)。

終活というほどではないけど、40も過ぎると「老後」というワードがちらちら頭の中をかすめてくる。
老人になるとモノを溜め込むというけれど、「もったいない」というよりは、歳を取るにつれ片付ける体力も気力もなくなってくるという方が正解なのかもしれない。

であれば、思い立ったら動ける今のうちに!

今日のみみこ:春の七草を勉強する猫。





2018.12.31 働き方改革
ブログはお久しぶりの更新ですが、実は27日が仕事納めで、28日から冬休みに突入しています。
てか、27日に無理やり納めた。

我が社は12/28は「有休奨励日」。
しかし事務方は月末、しかも四半期締めも重なり超忙しい時期。
なので、いつもの年は出勤している。

電車は空いているし、現場はお休み取る人多いので、静かな執務室、心穏やかに集中して仕事できるんだよね~。

ところが今年。
28日は極力休めとのお達しが。

そう、「働き方改革」でね…

28日がそもそも会社の公休なら分かる。
そうでなければいつ有休取るかは基本社員の自由なハズなんだが。

が、上からの半強制的なお達しなら仕方がない。
有休もだいぶ余ってるからまぁいいか。
28日、我が部署はマネジャーのヒゲさん、主査のお姉さま、主任の独り言おじさんの3人だけ午前中のみ出勤。
他は皆休むことに決定。

そしたら、今度は1/4も休めとのお達し。
事務の外注先の会社が休みたいと。うちの会社が休みじゃないと休めない立場。
営業日第1日目だけど、1/4は休日と休日の間の平日。そりゃ休みたいよね…。

というわけで、この日は部署全員が休むことに。

しかし、だからといって仕事の量は減るわけではないし、月初締め日(1/7)が後倒しになるわけでもない。

とすると、おのずと前倒しで業務をこなすしかないんですよ。
しかも先週は土日月と連休で、稼働日3日間しかない。

というわけで、25~27日は毎日残業。
8:30前に出勤して朝残業、帰りは21時過ぎ。
帰宅は22時とか一体…

障害者雇用枠の人間が、頑張りました…
定時上がりの派遣さんですら19時過ぎまで残業してくれる。
こんな中、いくら障害者だからって正社員が早く帰れるわけないじゃないかよ~…
早く帰ったとしても、年始の自分の首を絞めるだけだしな。。。

3日間だけとはいえ、グッタリ。
月10時間も残業しない人間が急に頑張ると、かなり疲れるわ…
しかしこれって働き方改革…になってねーだろ。
サービス残業じゃないだけマシだけどさ…

まぁそんなわけで、なんか腑に落ちない10連休ゲットでございます。

皆さま今年も読んでくださってありがとうございました。
また来年もお付き合いくださいまし。
ではよいお年を~!

今日のぽこた(&オマケ小太郎):暖かくして風邪ひかないようにお過ごし下さいね!

2018.12.25 美容室
私の行きつけの美容室。
私より数歳年下の男性美容師さんが一人でやっている。

こじんまりした店内には椅子が3つ、隅っこには小さい待合ベンチがある。
しかし、私が来店している間、一度も他のお客さんに会ったことがない。

お店は駅近でもない住宅地のど真ん中に立地。
この店やっていけてるのか?と思ったこともしばしば。
まぁそういう風に予約を取っているんだとは思うけど。

先日の連休の前に、カット予約の電話をかけた。
混んでそうだけど、連休中うまいこと空いてるところで予約取れないかな~と思ったのだ。

そしたら、
「この3日間ですと、朝は7時前なら空いてますよ!え~夜は23:30以降なら大丈夫です!」
と元気よく答えが返ってきた…。

この美容室の営業時間、確か朝9時から夜7時までだったような。
盛況でなにより…

こっちは何も予定なしの連休だからいつでもいいとは言ったけど、さすがにそんな時間に美容室に行きたくない。
てか、美容師さんの長時間労働が気の毒で予約入れられないでしょ。

しかし裏を返せば、朝7時から予約を入れた客や、夜9時過ぎあたりにパーマやカラーリングの予約を入れてる客がいるってことだよな。

「来週?いつでも大丈夫です!ガラガラです!」
と言われ、週末の夕方に予約を入れたけど。

自営業はタイヘンだよにゃ~~~。

今日のたぬー嬢:最近ここに入るのがお気に入り。
2018.12.19 大掃除
年末です!
やはりキレイな環境で新年を迎えたいもんです。

一気に大掃除に取り掛かる時間がないので、週末に少しずつ始めている感じ。

まず、やることを細分化して、スマホのメモ機能でリスト化。

例えば玄関なら
・土間を掃いて水拭き
・靴箱の中を整理&掃除
・物入れの中を整理&掃除
・ドアを拭く
的な感じ。

やったことからチェックをつけていく。
チェックが増えていくのを見て、
「おお、結構頑張ったな」
と悦に入る予定。

しかし、自分なりに頑張っているのに、案外チェックが増えていかない。

こないだキッチンの換気扇掃除をしたのだが、2時間くらいかけたのに、チェックは一つしかつかない。
しかも、外見からはキレイにしたことが見えないので、「キレイになったな~」という充足感があまりない。

ネット記事によると、こういう人は案外多く、大掃除の挫折にもつながりやすいそう。

「大掃除はキレイにしたことがハッキリ見えることをやっていく」のがコツらしい。
例えば窓拭きとか、キッチンならシンク磨きとか。

年末だからこそ、普段は手の行き届かない細部を掃除したい。
だけど、自分のモチベーション維持と天秤にかけながら進めていかねば、「やったぜチェック」が増えていかないということか。

しかし年末って寒いな…。
そもそも掃除に向かない季節だよなぁ。

今日の猫団子:ぽこたあぶれる。

ちなみにててこは群れるのが大嫌いなので、そもそも来ない。
2018.12.12 paypay
現在、話題沸騰中の「paypay」(ペイペイ)というアプリをご存知でしょうか。
いわゆるキャッシュレス決済アプリでございます。
クレカとか銀行口座とかを登録しておくと、スマホひとつでスマートにお支払いができるのです。

今、paypayを使うと、支払い金額20%をポイント還元するという、大々的なキャンペーンをやってます。
このキャンペーン原資はナント100億円。
詳しくはpaypayでググってみてください。

Apple Pay使えるスマホ持っているけど、スマホ決済って使ったことない。
いざ支払いで上手くいかなかったら恥ずかしいじゃん…。
でも20%還元は純粋に魅力的。

というわけで、新宿のビックカメラにGO。
実家のおとうのパソコンを買い替え。

予算は10万円。
外国メーカー(DELLとかLenovoとかASUSとかHPとか)がターゲット。
ちなみにこういうメーカーは、直販のネットサイトが一番安く買えます。

が、さらに20%還元となると、paypayが使える実店舗に足を運ぶ甲斐があるというもの。

レジに並んでいざ!
アプリを立ち上げて、お店のQRコードを読み取る。
自分で支払い金額を入力。(これがちょい面倒。)
3万円以上のお買い物なので身分証提示。(転売ヤーを防ぐためらしい。)
お店の人がスマホに機械をかざすと、
「ペイペイ♪」
とかわいい音がして、支払い終了~。

現金やクレカより支払い簡単かと言われると「?」だが、ポイント2万円分ゲットは嬉しい。来月に付与されるそうな。
お店の人曰く、
「97%以上くらいはpaypay使ってお支払いしてますよ~。paypayサマサマですよ。」
とのこと。
そりゃ店舗やメーカーは身銭を切ってポイントつけることもないのにお客はドンドコ来るし、ウハウハだよねぇ。

100億円の効果は知らんけど、まぁ私みたいにスマホ決済のハードルを越えた人が増えたってことが最大の効果かもね。
災害時とか色々不安はあるけど、キャッシュレス時代は確実に本格化するだろうなぁ。

今日の小太郎:クリスマス近し。

2018.12.10 風なぎさん
風なぎさん。

言わずもがな、このブログに必ずコメントを書いてくれる読者さんだ。
このブログは2006年から始めているが、超初期からコメントを書いてくれている。

始めた当初は躁と鬱の混合状態だったから、ブログ更新はほぼ毎日。
それでも欠かさずコメントをくれた。

会ったこともない人のブログに欠かさずコメントを書く。
10年以上も。すごくない?

このブログは数年前に引越しをしたのだが、コメントは移動できなかった。
それが本当に残念だ。

実は風なぎさんもブログを書いている。
ほんの数年前に教えてもらったんだけど。

そのブログで、最近風なぎさんの旦那さんが結構大変な怪我をしてしまったことを知った。
人のブログにコメントどころじゃない状況だ。

というわけで、前回の記事には風なぎさんのコメントはない。

旦那さんのことはもちろん心配だけど、それを支える風なぎさんのことは超心配。
会ったことないけど、本気で心配してる。
不思議なことだけどねぇ。

旦那さんの回復を祈っています。

今日のたぬー&みみこ:色濃いツーショットだな。

カメラ検査について、当日の流れと注意事項
・検査の4時間前に来院し、液体の下剤(薄めたもの)を2リットル飲む
・下剤は薄いレモン味だが、確実に飽きるので、口直しに好きなジュースを持ってきてOK。
・水分を大量に摂るので体温が低下しやすい。暖かい格好をし、羽織るものを持ってくる
・ゆったりした、脱ぎ着しやすい格好で。

もう聞いただけでゲンナリ…。

さて当日。
午後2時からの検査予定。朝10時に来院。
下剤を飲む個室に通される。

個室といっても、アパレル店の更衣室の4倍くらいの狭さ。
中はこんな感じ。


ドアはなく、カーテン。
個室から2、3歩くらいのところにトイレがある。

薄められた液体下剤。

一気に流し込むのではなく、180mlずつ、それを15分かけてチビチビ飲まないといけない。
2リットルだから割り切れなくね?と思ったが…。

しかし人って大量に水分を摂る→出すを繰り返すと、体温てかなり下がるのね。
下剤を飲む2~3時間なんてスマホいじってりゃすぐだと思ったが、最後の方は手がかじかんて指が動かない。真冬かよ。

さて、私がなぜこの医院を選んだのか。
それは、検査中に鎮静剤を打ってくれるからだ。
ほぼ寝ている意識の中で検査をしてくれるのだ。

何度もトイレに駆け込み、便がほぼ水分だけになったら、それを看護師さんに最終チェックをしてもらう。(固体がないのであまり恥ずかしさはない。)
1.5リットル弱飲んだ時点でオッケーが出た。
ちゃんと食事制限してヨカッタ~。

使い捨ての検査着に着替えたら、いよいよ検査台へ。
脱水防止のための点滴をするのだが、そこへ検査直前に鎮静剤を入れてもらう。

と、気付いたらすでに20分ほどの検査が終わっていましたよ。
ホントに検査したのかよと思ったくらい意識も感覚もなかった。
検査が終わったら目が覚める鎮静剤の正確な量。
さすがカメラ専門医。。。

画像を見せてもらいながら説明を受ける。
結果はなにも問題なし。
思った通りだよ…。
(多分、生理の残ってた経血が入りこんだと思われる。)
しかも腸のキレイさを褒められた。

しかしショックだったのは、痔があると言われたこと…。
ただ、カメラ検査をすると、9割近い人に見つかるんだそうな。ホラそこの笑ってるあなたにもあるからね!

今日の小太郎:チョイチョイ。